法務・コンプライアンス の求人・転職情報一覧

1112 件中 1〜 50 件を表示しています。

シンクタンク・マーケティング・調査

掲載開始日:2018.10.17 終了予定日:2018.11.13

職 種

上場企業

法務担当者【大阪】この業務やあの業務もアイデアや工夫を積極的に取り入れる風土です。正社員

企業名
タナベ経営
老舗なのに新しい。60年の歴史の中で、6,000社以上のコンサルティングに取り組み、多岐にわたる経営課題を解決してきました。あらゆる事業領域や経営テーマに対応できるノウハウが蓄積されています。豊富な経…
仕事内容
▼契約法務:契約書のレビューや作成。取引や契約のために必要になる相談対応やアドバイスなど
▼法務相談:部門などから法務見解を求められた場合の調査や取りまとめ      (取引先への説明や交渉を自ら…
求める人材
■必要な経験・スキル
・事業会社での企業法務に関する実務経験2~3年以上(他の業務との兼務でもかまいません)
■歓迎要件
・M&A・アライアンス実務、WEBサービスに関する実務の経験のあるこ…
給与
■想定年収450万円~ 600万円
■月給 240,000…
勤務地
■本社ビル 大阪大阪市淀川区
この求人の担当転職エージェント
一般財団法人雇用開発センター
中道 浩
検討リストに保存
詳細を見る

求人管理No. TA-M-001

法務・コンプライアンスの仕事について

法務は企業において、法律に関わる業務全般を担当します。主な業務は、商品の売買契約やライセンス交渉、特許及び商標の調査・出願、アライアンスや買収・合併などの「契約法務」、株主総会や取締役会などの運営に携わる「商事法務」、訴訟の対応、法令順守に即した事業活動が行われるようにするコンプライアンス業務などが含まれますが、一般的には「契約法務」がその業務の大半を占めます。また、契約締結などビジネスの最前線業務にも携わる、新法制への対応など、時に自らスキームを考え、積極的且つ戦略的活動が求められることもあります。他企業の法務部担当者や、顧問先の弁護士との対応など、業務は対外的な面もあります。自らが専門家であるという意識をもって積極的に取り組むことができる、魅力的な職業であるといえるでしょう。

法務・コンプライアンスの仕事のやりがいについて

専門性を身につけ、キャリアUPの可能性も

日々の業務を通じて、法律に精通していくことができます。法律の仕組み上、ほかの法律と相互に関係している場合が多いことから、自然と探究心を持って調べることが多くなります。さらに、関連する資格に挑戦することもできます。企業によっては、留学や国内での勉強の機会を与えているケースもあり、自らのキャリアアップにつながる場合もあります。とりわけ昨今は経営上のリスクをヘッジするうえでも法務部の存在価値は高まってきています。さらには、グローバル化も進み、大企業、小企業問わず、海外案件なども多くなってきており、転職の場面においても、法務部における語学ができる人材の需要も高いものと言えます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

法務・コンプライアンスの転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる