公共施設職員(図書館・美術館等) の求人・転職情報一覧

現在公開中の求人情報はありません。
条件を再設定して再検索してください。

公共施設職員(図書館・美術館等)の仕事について

公共施設職員(図書館・美術館等)の仕事は、図書館や美術館など教養を得るための施設で、利用者が求めている情報の提供・サポートを通じ、質の高い施設利用を支える仕事です。知識や経験を活かし、適切に質問に答えることが必要ですが、きちんと伝えるコミュニケーション力も必要です。また、図書館であれば本が好きで知識がある人、または図書館司書などの専門資格があると良いです。そして、美術館の仕事においては、美術品を見に来た利用者への対応だけでなく、美術品の保管や管理も重要な業務です。展示会の企画やその準備のほか、文化振興を目的にした研究や啓蒙活動を担う場合もあります。

公共施設職員(図書館・美術館等)の仕事のやりがいについて

人々や街をも活気付けることにも役割を果たす仕事

公共施設職員(図書館・美術館等)の仕事は、本が好きな方、美術品やアートに興味がある方にとっては、非常に魅力的な職場環境です。そのため人気も高く、一般的に就職・転職は非常に狭き門と言われています。最近は、小中高生対象の体験学習や、社会人向けの教養講座を企画し、講師を務めるような仕事も増え、地域イベント等で主導的な役割を果たすこともあるなど、図書館・美術館の静謐なイメージとは逆にとても忙しい場合もあります。公共施設が活気付くことは、そこに住んでいる人々や街に対して元気や希望を提供することにも繋がるといっても過言ではなく、大切な役割を担っている仕事と言えます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

公共施設職員(図書館・美術館等)の求人情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる