団体職員 の求人・転職情報一覧

現在公開中の求人情報はありません。
条件を再設定して再検索してください。

団体職員の仕事について

団体職員とは非営利法人などを含む各種団体の職員の事で、国や自治体が出資、運営する非営利組織であることが通常です。運営が国や自治体であることから、基本的に準公務員扱いになりますが、その内容は非常にさまざまで、事務職だけでなく研究開発や、技術指導を行う団体も存在します。そのため、民間企業経験者を募集することも多く、技術職の募集もあります。一つの団体であっても、研究職や開発職など職域で部署が分かれるケースも多く、例えば水道局であれば、上下水道の整備、電気系統の管理、化学反応を用いた水質処理系統の検査・分析などに分かれます。事務職もそれぞれに必要なため、選択肢が非常に多いのが魅力です。

団体職員の仕事のやりがいについて

安定性が高く、公益のために貢献できるやりがいの多い仕事

団体職員は非営利で働くのが通常であり、その仕事は公益に結びついているのが特徴です。社会のインフラを整える仕事だけではなく、会社立ち上げの支援を行う団体や、地域産業の振興のために働く仕事など、さまざまな仕事があります。業務内容の多くが国民や地域住民に利益を還元するためのものであるため、日々の生活を維持するために欠かせない仕事となっています。例えるなら、社会を円滑に回すために必要な、潤滑油のような存在です。そのため、人の喜びに触れられることがやりがいであると言えます。準公務員扱いで、団体がなくなる事が限定的なこともあり、安定性が高い点も魅力です。

求人・転職情報をその他の職種で探す

団体職員の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

団体職員の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

団体職員の求人情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる