転職ノウハウ

mixiチェック

今回の転職エージェントは、株式会社ゆーらむの遠藤 こづえさん(以下敬称略)です。40歳で離職期間1年以上の求職者の長所を見抜き、内定に導いたサポートを振り返っていただきました。

求職者プロフィール
Wさん、男性、転職当時40歳。大学卒業後、広告会社の法人営業担当として4年間勤務した後、化学品商社にて機能化学品の営業に約12年携わる。知人が立ち上げる新しい会社に誘われて退職までしたが、直前になって入社できない状況に陥り、再就職活動を開始。40歳という年齢と1年以上のブランクがあることで苦戦をしていた。
紹介先企業プロフィール
化学工業薬品・合成樹脂・ガラス繊維・石油製品、損害保険代理業などを手掛ける総合商社T社。設立以来、黒字を続けており無借金経営の安定企業であるが、化成品を扱う部署の営業職で、前任者の退職による欠員が発生し、その補充を行うことが急務となっていた。

40代という年齢や離職期間はやっぱり不利になる!? 

――まず知りたいのですが、一般的に40歳以上の年齢ですと、転職は難しくなるイメージがあります。実際はどうでしょうか?

遠藤:今回のように営業職ですと、紹介先企業のご担当者さまからはキャリア形成を図る観点から「35歳まで」とリクエストをいただくことがほとんどです。

背景として、人件費が高くなっていくということもありますが、人は歳を重ねていくにつれて、本人としては素直なつもりでも、上の立場の人が扱いにくくなってしまうことがどうしてもあるようです。「会社の方針や計画に合わせて、育てがいのある25歳から35歳。出来れば25~26歳の人材がいいな。」と仰っしゃることが、やはり圧倒的に多いですね。

――今回の求職者Wさんの場合、まさにそのような年代ですが、紹介先の企業様も若手を求められていたのでしょうか?

遠藤:今回の紹介先企業のT社さまも同様で、化成品系の営業経験がある「若手」の人材を求められていらっしゃいました。あわせて、先方からは「即戦力」と「人柄重視」というキーワードをいただいていたのですが、今回はここが大きなポイントとなりました。

――Wさんとはどのように出会われたのですか?

遠藤:転職エージェントサイトに登録されたWさんの職務経歴書に目が留りました。

40歳という年齢はT社さまのご希望よりも少し高めでしたが、化成品営業の経験者であるWさんは人材市場の中でも貴重な存在で、即戦力で活躍できることは大きなポイントとなります。T社さまからいただいた「人柄重視」という部分にさえマッチすれば、ご紹介できるのではないかと感じました。まずはお会いしてみたいと思い、私からWさんにスカウトメッセージをお送りしました。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

Vol.008 「会社との価値観が合わない」と苦しむ30代前半の求職者を、理想の企業と出合わせた転職エージェントの手法とは?

今回の転職エージェントは、株式会社ジンジブの草場 勇介さん(以下敬称略)です。これまで築き上げてきたクライアント企業とのつながりの中から、求職者の意...

Vol.006 実務経験のない30代前半の求職者が大満足したチャレンジングなサポートとは?

今回の転職エージェントは、ヒューマンタッチ株式会社の岩崎 晴香さん(以下敬称略)です。 同社が得意とする建設業界へ実務未経験者を導いた、チャレンジ...

Vol.005 自信を失い夢に蓋をした30代の求職者が、再び夢の入口に立つまでのサポートとは?

今回の転職エージェントは、株式会社hapeの蔵野 紘二朗さんです。学生時代からの夢を叶えるために飛び込んだ業界で大きな挫折を経験した求職者。そんな求...