転職ノウハウ

mixiチェック

今回の転職エージェントは、ヒューマンタッチ株式会社の岩崎 晴香さん(以下敬称略)です。 同社が得意とする建設業界へ実務未経験者を導いた、チャレンジングなサポートを振り返っていただきました。

求職者プロフィール
Mさん、男性。転職当時30代前半。高校卒業後、派遣スタッフとして工場のライン作業を1年、運送会社にて倉庫作業・ドライバーを2年経験後、耐震診断を行う会社に就職。手に職をつけたい、カタチに残る仕事をしたいと、未経験でありながら建設業界への転職にチャレンジした。
紹介先企業プロフィール
テナントビルや集合住宅などを主に手掛けるS社。震災復興事業や2020年のスポーツイベントに向け、建設ラッシュのなか業界全体が深刻な人材不足に。同社でもやはり、採用、育成、定着が大きな課題となっていた。

建設業界は、今が狙い目!?

――今回の求職者のMさんは、転職当時30代前半で建設業界での実務経験もお持ちではありませんでしたよね。一般的に未経験者の建設業界への転職は難しいように思うのですが、どうだったのでしょうか?

岩崎:後から思えばスムーズだったと言えますが、今回の紹介先であるS社さまには、実務未経験者の採用実績がなく、チャレンジングなサポートだったと思います。

――昨今、建設業界の人材不足をよく耳にしますが、そのような状況がMさんの転職に追い風になったのでしょうか?

岩崎:そうですね。ご存じのとおり、景気回復により業界を問わず多くの企業が人材採用に積極的になっており、建設業界でも採用は非常に苦戦しています。もちろん少子化の影響による若年層の採用もほかの業界と同様に課題となっています。

そのような課題に併せ、建設業界では、2011年の東日本大震災以降の復興事業や2020年のスポーツイベント開催によりニーズが高まり、仕事の依頼が殺到、人材が確保できないために仕事を断らざるを得ないというような状況まで起こっており、人材不足に拍車を掛けています。これらが、たしかにMさんの転職に追い風となったと思います。

――人材不足によって、建設業界の現場の方々への負担が増えているような話も耳にしますが、そのような課題に対して何か対応はされているのでしょうか?

岩崎:はい。それについては問題視されており、業界全体で課題解決に取り組み、労働環境や待遇は改善傾向にあります。また、このような取り組みを通じて、若い人材の確保のために、未経験者を採用して大切に育てるという動きも出てきており、20代であれば実務経験だけでなく、専門的に学んだ経験がなくても採用するというような企業まで出てきています。

業界における採用のハードルは、下がりつつあると言える状況ですね。ただ、ハードルが下がっても、なかなか人材の確保が進んでいないというのが実情です。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

Vol.008 「会社との価値観が合わない」と苦しむ30代前半の求職者を、理想の企業と出合わせた転職エージェントの手法とは?

今回の転職エージェントは、株式会社ジンジブの草場 勇介さん(以下敬称略)です。これまで築き上げてきたクライアント企業とのつながりの中から、求職者の意...

Vol.007 退職から1年以上が経過した40歳の再就職活動。苦戦していた状況を好転させた転職エージェントのサポートとは?

今回の転職エージェントは、株式会社ゆーらむの遠藤 こづえさん(以下敬称略)です。40歳で離職期間1年以上の求職者の長所を見抜き、内定に導いたサポート...

Vol.005 自信を失い夢に蓋をした30代の求職者が、再び夢の入口に立つまでのサポートとは?

今回の転職エージェントは、株式会社hapeの蔵野 紘二朗さんです。学生時代からの夢を叶えるために飛び込んだ業界で大きな挫折を経験した求職者。そんな求...