転職ノウハウ

mixiチェック

今回の転職エージェントは、株式会社hapeの蔵野 紘二朗さんです。学生時代からの夢を叶えるために飛び込んだ業界で大きな挫折を経験した求職者。そんな求職者が再び夢を叶えるためのサポートを蔵野さん(以下敬称略)に振り返っていただきました。

求職者プロフィール
Kさん、男性。転職当時30代前半。新卒で人材派遣会社に入社し活躍。その後、求人サイトなど人材に関わる事業を展開する企業に入社するも、リーマンショックの影響で退職。まったく異業種に転職したが、一向に増えない給料とやりがいに欠ける業務に疑問を感じ、自身と家族のために転職に臨む。
紹介先企業プロフィール
法人向けの教育事業や研修をお手伝いする事業を基盤に、転職支援など人材系ビジネスも手がけ急成長中のB社。支店展開や新規事業立ち上げによる人材不足、事業展開の鈍化、若手社員の教育が追いつかないなど、積み重なっていくばかりの課題解決のために、中堅社員の採用が急務となっていた。

転職エージェントが読み解く、求職者のストーリーとは?

――まずは今回の求職者であるKさんについて、蔵野さんが転職のサポートをすることになったきっかけを教えてください。

蔵野:マイナビ転職エージェントサーチに登録された履歴書と職務経歴書に目を留め、こちらからスカウトしたのがきっかけです。希望職種が主に営業系だったものの、第四希望にキャリアカウンセラーとあり、「なぜだろう?」と興味を持ちました。

職務経歴書に目を通すと、大学卒業後に人材派遣会社に入社、会社都合で退職。あらたに求人ビジネスの会社に契約社員として入社したのち契約解除により退職。そしてまったく異業種に転職したことを知りました。

おそらくKさんの最初の就職は順風満帆で、給料がどんどん上がっていくなかでの労働者派遣法の改正、その影響で業務停止、会社都合による退職。次に契約社員として就職した求人ビジネスの会社もリーマンショックによる市場の冷え込みで契約解除。挫折して、まったくの異業種に転職したものの、まだ人材系のビジネスに後ろ髪を引かれているのではないかと想像しました。

――第四希望の職種にまで目を通したことも驚きですが、そんなストーリーのようなものが浮かぶものなのでしょうか?

蔵野:転職エージェントとして、政治や経済、業界のトレンドなど、常に多方面にアンテナを張っておりますし、たくさんの方の転職をサポートしてきましたので、その知見と求職者さまの情報を重ねると、自ずとストーリーが見えてくるんです。

登録された情報は隅々まで読み込みますし、情報の細部に次の転職へのマッチングに関する大切なキーワードが潜んでいることもよくあります。このようなストーリーを持っておくことで、よりマッチングの確度の高い求人情報を紹介することができるんですよ。

――なるほど。とはいえ、そのストーリーは仮説ですよね? 実際のKさんは、どのような経験をされていたのでしょう。

蔵野:おっしゃるとおり仮説ですが、大きく外れることはほとんどなかったですね。ただ、実際にお会いしてみると、大きな挫折を経験したことで、想像以上に自信を喪失されていらっしゃいました。

Kさんは、キャリアカウンセラーになり、将来的には自ら講演を行うなどして、多くの人を幸せにしたいという夢を学生時代からお持ちだったそうで、そのような背景から人材系のビジネスに入られていました。

初めての就職で順調なスタートを切り、半年で支店長、2年目で立ち上げ支店長まで任されたところでの事業停止、それに伴う退職。2社目では、1社目同様に成果を出せるものと営業活動に邁進するも、リーマンショックで企業が次々に採用をストップし、結果が残せないまま契約解除による退職。

あの時期は致し方ない状況だったと思うのですが、Kさんはご自身を「不甲斐ない」と責め立て、「人材系のビジネスには向いていない」と道を諦めたとのことでした。

また2社目の退職と同時期に、奥さまの妊娠や、お母さまの重い病と他界という重大な人生の転機にも見舞われておりました。そのようなご経験から、「とにかく楽になりたい」という一心で、ご自宅近くにある、まったく異業種の企業に入社されたそうです。

ただ、会社の業績は芳しくなく、毎日18時に帰れるのは良いものの、薄給で在職中一度も昇給することもなく、やりがいもないまま30歳を過ぎてしまった。そんな状況を変えたい、奥さまと二人のお子さまのために一家の大黒柱としてがんばりたい、と転職を決意されたそうです。

希望職種については、最寄りの職歴を踏まえて営業系をあげていたものの、やはりキャリアカウンセラーへの夢は持ち続けていらっしゃるご様子で、未練はあるものの「諦めた道」と、その夢に蓋をしていらっしゃるようでした。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

Vol.008 「会社との価値観が合わない」と苦しむ30代前半の求職者を、理想の企業と出合わせた転職エージェントの手法とは?

今回の転職エージェントは、株式会社ジンジブの草場 勇介さん(以下敬称略)です。これまで築き上げてきたクライアント企業とのつながりの中から、求職者の意...

Vol.007 退職から1年以上が経過した40歳の再就職活動。苦戦していた状況を好転させた転職エージェントのサポートとは?

今回の転職エージェントは、株式会社ゆーらむの遠藤 こづえさん(以下敬称略)です。40歳で離職期間1年以上の求職者の長所を見抜き、内定に導いたサポート...

Vol.006 実務経験のない30代前半の求職者が大満足したチャレンジングなサポートとは?

今回の転職エージェントは、ヒューマンタッチ株式会社の岩崎 晴香さん(以下敬称略)です。 同社が得意とする建設業界へ実務未経験者を導いた、チャレンジ...