転職ノウハウ

mixiチェック

中途採用の面接で言っていいこと悪いこと

いきなりではあるが、結論から述べるとしよう。あなたが中途採用の面接を受ける際に述べなければならない最も重要なことはただ一つ、自分には何ができるかということだ。

それを説明する職歴やスキルについては履歴書に記載しておけばいい話だし、その他の労働条件については聞かれれば答えればいい。とりあえず、何としてでも伝えて理解させるべきことは、何ができるかの一点だけだ。

このことを理解できているなら、中途採用の面接はずいぶんと合理的なものとなるはずだし、20代のキャリアデザインも効率よく進められるはずだ。というわけで、今回は中途採用の面接そのものについて取り上げてみたい。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...