転職ノウハウ

mixiチェック

中途採用の面接で言っていいこと悪いこと

いきなりではあるが、結論から述べるとしよう。あなたが中途採用の面接を受ける際に述べなければならない最も重要なことはただ一つ、自分には何ができるかということだ。

それを説明する職歴やスキルについては履歴書に記載しておけばいい話だし、その他の労働条件については聞かれれば答えればいい。とりあえず、何としてでも伝えて理解させるべきことは、何ができるかの一点だけだ。

このことを理解できているなら、中途採用の面接はずいぶんと合理的なものとなるはずだし、20代のキャリアデザインも効率よく進められるはずだ。というわけで、今回は中途採用の面接そのものについて取り上げてみたい。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

【vol.35】後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと

後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと 残業の続いた翌月、給与明細を見るのが楽しみだという人は少なくないだろう。30代とも...

【vol.34】45歳以降に降格されたらどうすべきか

45歳以降に降格されたらどうすべきか 日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、多少パッとしない程度では賃下げ...

【vol.33】転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか

転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか SNSによる個人の情報発信が盛んとなった現在、従来は日の目を見ることがなかった生の職場情報が、電...