転職ノウハウ

mixiチェック

1.転職の目的が曖昧

筆者が見ていて一番多い失敗パターンはこれである。わざわざ転職する以上、なにがしかの目的が必ずあるものだが、はたから見ていてもそれがよくわからない。いや、本人もよくわかっていないケースも少なくない。

「なぜわざわざ転職するの? 仕事の手順やら人間関係やら組織内での信用やら、わざわざゼロリセットする理由はなに?」

このタイプの本質的な動機は「なんとなく、ただ転職したいから」というものだ。もちろん最初はやりがいだの将来性だのいろいろまぶしてくるのだが、薄皮を一枚一枚むいていくと、最後は芯のない玉ねぎ状態になってしまう。

もちろん、なんとなく転職したいという気持ちもわからないでもない。むしろ常に新しい刺激を求める姿勢は、人間として好感が持てるほどだ。

でも、賃貸マンションや髪型ならいざ知らず、就職先をサイコロを転がす感覚で選ぶのはリスクが高すぎる。はっきり言うが、今なんとなくつまらないという人間が、なんとなく転職して素晴らしい職場に巡り合う確率は限りなくゼロに近い。

将来的に労働市場の流動性が高まり、転職にかかわるリスクが低下すれば、そういう働き方(というか生き方)もアリだとは思う。でも、今の日本はあくまで終身雇用の国だ。企業は付加価値の高い基幹業務を長期雇用者にしか与えないから、移り気な人は専門性の低い業務を転々とさまようことになるだろう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.40 転勤と転職のどちらを選ぶべきか

転勤と転職のどちらを選ぶべきか サラリーマンである以上、転勤は避けては通れない道である。春先になると人事異動の話題で持ちきりになる企業も珍しく...

vol.39 会社が倒産しかけたらどうすべきか

会社が倒産しかけたらどうすべきか ここ10年ほどで、“大企業神話”はすっかり色あせたものとなったように思う。日本を代表する大企業であっても早期...

vol.38 一度辞めた会社に出戻ることはアリなのか

一度辞めた会社に出戻ることはアリなのか 転職市場の活性化に伴い、以前に在籍していた会社へ再びUターンする、いわゆる「出戻り転職」を認める企業が...