転職ノウハウ

mixiチェック

勤続年数や平均賃金で会社を選んではいけない理由

これから自分が働く会社を選ぶ際に、どういった基準で選ぶべきだろうか。知名度で選ぶか、理念で選ぶか。もちろんそうしたものも重要ではあるのだが、とりあえずおおまかにスクリーニングするうえで、多くの人が重視するのは平均勤続年数や平均年収といった数字だろう。

実際、経済誌の企業ランキングを見ても、この2つの数値は必ず顔を出す。勤続年数と平均賃金の高い会社をずばり“ホワイト企業”と銘打っているものまであるほどだ(じゃあベンチャーは全部ブラックなの?と筆者は素朴な疑問を感じるが)。

だが、この2つの数字には、決定的に欠けているものが1つある。それは“時間軸”という概念だ。それをしっかり踏まえたうえで検討すれば、“平均勤続年数”や“平均年収”といった数字で会社を選ぶのは、むしろ大きなリスクが伴うだろうというのが筆者の意見だ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

【vol.35】後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと

後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと 残業の続いた翌月、給与明細を見るのが楽しみだという人は少なくないだろう。30代とも...

【vol.34】45歳以降に降格されたらどうすべきか

45歳以降に降格されたらどうすべきか 日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、多少パッとしない程度では賃下げ...

【vol.33】転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか

転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか SNSによる個人の情報発信が盛んとなった現在、従来は日の目を見ることがなかった生の職場情報が、電...