転職ノウハウ

mixiチェック

勤続年数や平均賃金で会社を選んではいけない理由

これから自分が働く会社を選ぶ際に、どういった基準で選ぶべきだろうか。知名度で選ぶか、理念で選ぶか。もちろんそうしたものも重要ではあるのだが、とりあえずおおまかにスクリーニングするうえで、多くの人が重視するのは平均勤続年数や平均年収といった数字だろう。

実際、経済誌の企業ランキングを見ても、この2つの数値は必ず顔を出す。勤続年数と平均賃金の高い会社をずばり“ホワイト企業”と銘打っているものまであるほどだ(じゃあベンチャーは全部ブラックなの?と筆者は素朴な疑問を感じるが)。

だが、この2つの数字には、決定的に欠けているものが1つある。それは“時間軸”という概念だ。それをしっかり踏まえたうえで検討すれば、“平均勤続年数”や“平均年収”といった数字で会社を選ぶのは、むしろ大きなリスクが伴うだろうというのが筆者の意見だ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.43“40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...

vol.42 「石の上にも三年」は重要か?

「石の上にも三年」は重要か? 「石の上にも三年」ということわざがある通り、昔から3年は歯を食いしばってでもとにかく頑張ってみろといった考え方が...

vol.41 職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法

職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法 多くの識者が明言しているように、転職活動は現在の職に在籍している間に行い、まず内定を取ったう...