転職ノウハウ

キャリアデザインを個人がやっておくべき理由

筆者は常々キャリアデザインの重要性について述べているが、そうすると少なくない数の人から「職業選択の自由がなかった時代じゃないんだから、自分で自分のキャリアを決めるなんて当たり前のことじゃないか」というコメントをいただく。

だが、そういう当たり前の認識そのものに、得てして落とし穴はあるものだ。単に“職業や会社を選ぶこと”と、“キャリアをデザインすること”の間には、大きな違いがある。というわけで、今回はキャリアデザインの重要性についてまとめておこう。

終身雇用と引き換えに、キャリアは会社が決めるものだった

そもそもキャリアデザインとは何か。それは「自分は将来的にこういう仕事のプロフェッショナルになる。そのために20代でこういった職歴を経験し、30代でこういう専門性を身に着ける」というビジョンを描くことだ。そのためには、自分のできること、やりたいこと、そして、世の中で求められていることを整理する必要がある。

具体的なキャリアデザインの方法はまた別の機会に紹介しようと思うが、ポテンシャルはあっても、そのキャリアデザインをきちんとできている人材は意外と少ないようだ。

筆者はある早期退職の対象者からこんな言葉を聞いた経験がある。「自分は会社に与えられた仕事を何でもやってきたのに、今になってその仕事はもういらないから辞めてくれと言うのは無責任じゃないか」。

その時、筆者は2つのことを理解した。まず、日本型組織においては、キャリアは個人が決めるものではなく、会社が与えるものであるということ。そして、もう終身雇用が守られる保証なんてどこにもないということだ。

日本の企業では、従業員は総合職、一般職といったコースごとに採用され、正社員という身分の中で、会社から与えられる仕事を何でもこなすことによって、結果的に何がしかのキャリアを身につけていくことになる。だから、海外では一般的な職務記述書(仕事の内容などを記載した書類)が、日本企業には存在しない。代わりに、会社は正社員の終身雇用を保証することになる。

しかし、今後は終身雇用が守られる保証はない。ならば、会社に差し出してきたキャリアの決定権を自身の手に取り戻すというのが合理的な選択だろう。40代であっても遅くはない。これまでに身に着けたスキルや職歴の中から役に立つアーツ(技)を組み立て、今後伸ばしていきたい方向を定めれば、日々の仕事の中で出来ることは多いはずだ。

かつてないほど会社にワガママが言える時代

例えば、筆者なら自身のキャリアデザインになじまない異動に際しては、上司に再考を求めて交渉する。逆に、関心のあるシステムの導入や新規プロジェクトには率先して手を挙げ、キャリアデザインに寄せていく努力をするだろう。

深刻な人手不足の中、管理職の評価項目の中に部下の定着率を含めている企業は少なくない。中堅社員のリテンションのために、今ほど会社や人事部がワガママを聞いてくれる時代はないということだ。むろん、そのためには普段からしっかり戦力として貢献していることが大前提ではあるが。

そうやって明確なキャリアビジョンを持ち、スキルを磨く努力をしている人材と、ただ言われたことを淡々とこなすだけの人材では、10年で決定的な差が生じているはずだ。

そしてもう一つ筆者がキャリアデザインを重視する理由がある。先述のような「会社が個人のキャリアを決定する仕組み」というのは、かつて定年が55歳以前であった時代の遺物だ。

現在は再雇用も含めれば多くの企業において実質的な定年は65歳にまで延びている。そして、恐らく近い将来、それは70歳近くにまでさらに延びることになる。

70歳と言えば、健康に日常生活が送れる健康寿命(男性72.14歳、女性74.79歳※)にほとんど重なる数字である。つまり今のルールのままなら、個人は人生のほとんどを組織にゆだね、与えられたことを遂行することに捧げることになる。それこそ、自由に職業を選ぶことができなかった時代の生き方そのものだろう。

キャリアの前半戦は組織のために様々な仕事を経験しつつ、それらの中から自身の希望するキャリアを定め、キャリア後半戦は転職も選択肢に入れつつ、理想に寄せていく努力をするというのが、これからの日本型キャリアのロールモデルとなるはずだ。

※(厚生労働省 2018年3月9日「第11回健康日本21(第二次)推進専門委員会 資料」より)

今回のポイント

日本型雇用では終身雇用と引き換えに、キャリアは会社が決めるものだった。だが終身雇用が形骸化した以上、個人はキャリアの決定権を取り戻すべきだ。
人手不足の中、各社とも中堅社員の引き留めに躍起になっており、今ほど個人が会社と交渉しやすい時代はない。
人生100年時代という点からも、個人は自身の理想とするキャリアを定め、実現する努力をするべきだ。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

バックナンバー

令和時代の転勤事情 「転勤を拒否する若者たち」が企業を変える

近年、転勤に抵抗を覚える若者が増え、企業の側も、転勤のない勤務地限定コースを用意したり、原則として同意のない転勤は命じないという方針を立てたり、さま...

裁量労働とうまく付き合う方法

毎年発表される大学就職企業人気ランキング※を見てみると、上位には大手有名企業が名を連ねていて、日本の学生たちが依然として安定性を求め大手志向であるこ...

フリーランスという働き方を選択する前に必ず確認すべきこと

働き方改革を通じて副業や転職がクローズアップされる中、一つの組織にとらわれずに働くフリーランスという働き方にも注目する人が増えている。 クラウ...