転職ノウハウ

mixiチェック

中途採用では学歴や職歴は気にするな

筆者が以前、都内の転職フェアで基調講演を行った時の話だ。終身雇用型キャリアパスの限界と、35歳以降のキャリアの行きづまりを避けるためのキャリアデザインの重要性について一通り語った後に、一人の参加者からこんな質問をもらった。

「私は3流の大学出身で、今在籍している会社も無名企業です。自分のような人間にはあまり縁のない話なのかもしれませんね」

なるほど、人事以外の人間にとってはそういう見方もあるのかと少々驚いた記憶がある。結論から言えばまったく逆で、少なくとも中途採用では学歴や社名に過剰にこだわる必要はない。むしろ、無名企業で場数を踏んだ“がっついたビジネスパーソン”こそ、有名企業の人事に刺さるものがあるというのが筆者の意見だ。

新卒採用の時に学歴が非常に重要な指標となっているのは事実だ。“学歴フィルター”なんて言葉があるように、どこの企業にも独自の学歴フィルターがあって、学生の大まかな選別をしている。企業によって全然違うので一概には言えないが、採用人数が100人以上の大手企業なら、だいたいMARCH(M=明治、A=青山学院、R=立教、C=中央、H=法政)以上が採用対象だと考えていい。

こういうフィルターを使う理由は、単純に応募者数が多すぎて全員を面接できないこと、新卒一括採用は基本的にポテンシャル採用なので、偏差値によるセレクションがそれなりに意味を持つことなどが挙げられる(最近は少子化に伴う大学ブランドの質低下で企業の学歴信仰も相当揺らいできているが、本稿では省く)。

だが、中途採用においては「実際にビジネスの現場で培ったスキル」というはるかに現実的、実践的な指標があるので、多くの企業ではそうした要素をベースに、じっくりアナログ的に判断されることになる。

もちろん学歴もないよりはあった方がいいし、前職の会社名も有名に越したことはないけれども、一番重視されるのは「これまで何をしてきたか、そしてこれから何ができるか」である。新卒時に門前払いされた大企業だからといって、気後れする必要なんてまったくない。

と言われても、まだ自信がわいてこないという人もいるだろうから、もう一つ重要な視点を挙げておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...

vol.50 転職のきっかけは正直に伝えるべきか

転職のきっかけは正直に伝えるべきか 人はなぜ転職するのだろうか。理由はそれぞれだろうが、終身雇用を前提とする昭和的価値観が強く残っている間は、...