転職ノウハウ

mixiチェック

面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。 いや、安売りならいくらでも内定が取れるだろうから、むしろどれくらい高く売り込めるか交渉することが重要と言っていい。

その場合、どこまで現職(既に離職していれば前職)での年収や職歴、実績を盛ってよいものだろうか。 意外と注目されることのない論点なのでまとめておこう。

年収は正直に、自身の能力については強気が基本

結論から言えば、年収については盛る余地はゼロだ。一度でも転職したことのある人ならばわかると思うが、 退職時に必ず源泉徴収票をもらって転職先に提出するため、入社後に大きなギャップがあればすぐに嘘はバレてしまう。 それだけで即懲戒処分というわけでもないが、人事部門の心証を大きく害することは確実なので控えた方が賢明だ。

ただし、賃金の交渉そのものはどんどん強気で行って構わない。筆者の経験でいうと、とにかく日本人は控えめな人が多く、 「前職でこれくらいだったので、それに近い水準を頂ければ……」というレベルの人が実に多い。 実際はもっと予算があったり、上のポジションを用意したりしていても本人が謙遜して1ランク下で決着してしまうことが珍しくない。

特に現在は深刻な人手不足により年代問わず売り手市場の様相を呈している。 人事の予算も豊富だろうから、処遇も勤務条件もどんどん強気に交渉してもいいだろう。例えばこんなイメージだ。

「現職ではリーダー職、年収700万円ほどですが、賃金テーブルは企業によります。
御社であれば少なくとも800万円分の活躍は期待していただいて構いません」

年収は正直に、交渉は強気で、というのが筆者のアドバイスである。

盛って良いことと悪いこと

ちなみに、面接での“盛り”は決して珍しい話ではなく、大なり小なりたいていの転職者がやっていることだ。 だから、たいていの採用担当者は8掛けくらいに転職者の話を差し引いて判断しているに違いない。 だから逆にまったく話を盛らず馬鹿正直に受け答えしている人は、ちょっぴり損をしているかもしれない。

とはいえ、面接では盛って良いことと悪いことの線引きはしっかり意識しておくべきだろう。 盛ってはいけないのは「客観的に嘘が判断できること」であり、前職での年収や学歴、資格の有無、前職での懲戒処分や犯罪歴の有無などがあたる。 これらは後で調べれば白黒ついてしまう話であり、採用取り消しはもちろん、重大性が認められれば入社後の解雇理由にもなりうる。

ちなみに、懲戒処分や犯罪歴の有無については問われなければわざわざ自分から答える必要はなく、 入社後に発覚してもそれはチェックしなかった採用担当者のミスとなる。

一方で「主観的な判断に基づくもの」であれば、自分を誇ることは決して悪いことではない。 「前職では良好な人間関係で同僚からの信頼も厚く~」「〇〇については絶対の自信があります」というのは本人の主観であり、 後からどうこう言われるものではないだろう。

採用担当は、格上の会社や自社より好待遇の企業からの応募者に対し、モチベーションや人間関係で何かしらの問題を抱えているのではないか、 と敬遠する場合もある。逆に、キャリアアップを目指して貪欲に挑んでくる人材ほど好意的に見てくれるものだ。 自身の履歴、実績についてはポジティブな主観で解釈し、交渉は強気で臨む、というのが転職の基本姿勢と言っていいだろう。

今回のポイント
転職に際しては、自分をいかに高く売り込めるかが重要なポイントとなる。
年収については、源泉徴収票から客観的に判断ができるため、正直に申告すべきだ。同様に、調査ができる学歴や資格の有無、懲戒処分や犯罪歴についても嘘をついてはならない。
自分の実績はポジティブな主観で判断し、賃金の交渉は強気で臨むべきである。日本人は控えめな人が多いが、現在は売り手市場の様相を呈しているため、処遇や勤務条件もどんどん強気に出て構わない。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.55 何度も転職に成功できる人の特徴

何度も転職に成功できる人の特徴 世の中には「転職上手な人」というのが存在する。例えば、3社や4社、人によっては10社など、複数回の転職成...

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...