転職ノウハウ

mixiチェック

『転職』と『転社』を見極めよう

一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするようになった。(マイナビ転職「35歳以上の転職に変化!?最新の転職市場とは?」)

整理しておくと、これまで長らく信じられてきた『35歳転職限界説』というのは年功序列的な価値観が根本にある。要するに年功を積んだベテランの処遇が高くつく割に潰しが効かないから敬遠されていたものだ。だから、35歳以上の転職成功例の増加をもって「いよいよ年功序列制度の終わりが始まった」と言う人たちも少なくない。

ただし、それは早計だと筆者は考えている。例えば、昨年末に大手メーカーの経営者が「40代の従業員が少ないことが課題だ」と語って話題となったことを記憶している人も多いだろう。本当に年功序列制度が日本において下火になったのであれば、「〇〇代が欲しい」ではなく「〇〇ができる人材が欲しい」となるはずだ。

人材を年齢で区切るカルチャーはまだまだ健在だというのが筆者の考えである (ちなみにその大手企業の欲しい40代というのは同規模の企業で職歴を積んだ中間管理職レベルの人材なのは言うまでもない)。

実は今、日本の労働市場では緩やかにではあるが、キャリアに対する価値観の二極化が進んでいるのだ。

『社』の世界と『職』の世界

従来の日本型雇用では、正社員という雇用形態だけを契約し、具体的な業務内容は定めずに働くことが一般的だった。 従業員は終身雇用という枠組みで手厚く保護される反面、会社の強力な業務命令に従い、与えられる仕事は何でもいくらでもこなす必要があった。 今でも大手企業や官庁はこうした『社』の世界の論理で動いているところが多い。

一方、良くも悪くも終身雇用が存在しない外資系や新興企業などでは、雇用ははるかに流動化しているため、 会社は転職市場からその都度必要なスキルを持った人材を採用せねばならない。こちらはスキルがモノを言う『職』の世界だ。

わかりやすく言うと、現在の日本は『社』と『職』の2つの異なる価値観で動く世界が共存していることになる。 「何歳だろうがウェルカムです」という会社は『職』の世界のことを言っており、「40代の管理職が薄い」と嘆いている経営者は今でも『社』の世界に暮らしているということだ。

ゆえに、35歳以上で転職するのであれば、自身がどちらの側の人間で、これからどちらの世界で働くのかをまずはしっかり整理すべきだろう。 それまでずっと『職』の世界で業務内容にコミットしてキャリアを作り上げてきた人材なら、何歳であれ今後も『職』の世界で生きていく分には問題ないだろう。

逆に、新卒時からずっと『社』の世界で働いてきたという人は、確かに『職』の世界からの引き合いはあるだろうが、 待っているのは自身が今まで経験してきたものとは全く異質な仕事かもしれない。

一つだけはっきりしているのは、これから『社』の世界は年々縮小し、それをカバーする形で『職』の世界が広がっていくということだ。

新卒者をゼロから20年かけて育成する余裕のある企業は限られてくるし、人口構成という点からも若者だけを戦力とするのは不合理だろう。 労働市場からタイムリーに必要なスキルを持った人材を調達できる組織でなければ生き残れない時代が、もうそこまで来ているのだ。

だから、『社』の中で働いている人材であっても、今後は常に業種全体にアンテナを張り、労働市場における自身の市場価値を意識したキャリア設計を行っておくべきだろう。 そのためには常々指摘しているように、社外との人脈を構築し、定期的に転職コンサルタントの面談を受けることをオススメしたい。

ひょっとすると一社しか経験していないような人の中には、労働市場が流動化すると聞いて不安を覚える人もいるかもしれない。 だが、どちらも経験している筆者からすれば、『職』の世界の方がはるかに明るく柔軟な働き方が可能であり、ワークライフバランス的にも優れているということを最後に述べておこう。

今回のポイント
『35歳転職限界説』は、大手企業や官庁を中心に年功序列が機能している組織(『社』の世界)では今でも該当する。一方、もともと人材が流動的な新興企業などではスキルをベースに採用するため、年齢自体あまり重要ではない。(『職』の世界)
今後、年齢が重視される年功序列カルチャーは衰退し、かわってスキルを基準とした流動的な労働市場にシフトしていくのは確実だ。転職予定のない人であってもそれを意識した準備はしておくべきだろう。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.56 いますぐメガバンクから転職すべきか

いますぐメガバンクから転職すべきか 昨年メガバンク各行が立て続けに1万人規模のリストラを発表し、大きな話題となっている。リストラと言っても直接...

vol.55 何度も転職に成功できる人の特徴

何度も転職に成功できる人の特徴 世の中には「転職上手な人」というのが存在する。例えば、3社や4社、人によっては10社など、複数回の転職成...

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...