転職ノウハウ

mixiチェック

転職回数は何度まで許されるか

今では隔世の感があるが、90年代までは日本の大企業には「中途採用者は信用できない」「生え抜きより扱いを下にする」というような空気が珍しくなかった。 新卒で一括採用し終身雇用の枠組みの中で育成するのが普通だったため、そこから漏れてきた人材はどこかしらネガティブなイメージを持たれていたせいだ。

2000年代に入るとさすがに中途採用を始める企業も増え、そうした考えはだいぶ薄まったものの、 それでも10年くらいは「やはり転職回数は少ないに越したことはない」というような考えは残っていた。 筆者の経験でいうと「30代で3回が目安」と考えている人事が多かった気がする(理由は分からないが、人事はなぜか「3」という数字が好きだ)。 ただ、2010年代に入ってからはほとんど耳にすることがなくなったので、3回以上転職している人は安心して欲しい。

転職回数に代わる新たなチェックポイントとは

とはいえ、転職市場では評価される人材とされない人材がいる点に変わりはない。 転職回数の代わりに企業がチェックしているのは、以下のポイントだ。

【1】短期での転職が続いていないか

以前も述べたが、一般的に人事は3年勤めて一つの職歴とみなすことが多い (ここでもやはり人事はなぜか「3」という数字が好きだ)。だから最低でも3年は勤め上げるべきだが、 3年未満の職歴で転職が続いているようなケースは、極端な話「まともなキャリアが積めないまま年だけ取っている」とみなされかねない。 そうしたリスクを避ける上でもできれば3年未満の転職は避けたいものだ。

【2】本人がちゃんと成長できているか

求職者の中には「転職するたびに格が落ちている人」というのが一定数存在する。 格というのは社格や年収、ポジションなどを総合的に含めたもので、筆者は個人的に“都落ち人材”と呼んでいる。 このタイプは能力以前に職場でのコミュニケーション能力やモチベーションに難を抱えているケースが多い。 実際、都落ち中の人間は面接で執拗(しつよう)にその点を突っ込まれるはずだ。

【3】その転職がキャリアデザインに沿ったものであるか

転職回数が多く、キャリアアップも実現できている転職上級者の職歴を見ると、 そこにきれいな成長の物語が必ず見て取れるものだ。今回の応募が物語の新章につながるものかどうかも重要なポイントと言っていい。

まとめると、現在はむしろ転職回数がある程度ある人の方が人材としての魅力、 柔軟性があると判断される傾向がある。上記のポイントさえ押さえておけば、 回数は特に気にする必要はないだろう。

短期の転職が続いてしまった場合のリカバリー

一方で、3年未満での転職をすでにしてしまっているという人はどう軌道修正すべきだろうか。 実は、短期での転職が続いてしまう人にはある共通点がある。 (短期での転職が許容される第二新卒を除いて)3年未満の職歴で次を探す際には、 その点はそれなりにシビアに突っ込まれるから本命からの内定獲得が難しく、 せいぜい第三志望あたりに落ち着く傾向にあるのだ。

そのくらい我慢して働けばいいのだが、中には新天地でのストレスの原因を 「やはり第一志望じゃないからだ」という点に求めてしまう人もいる。 そうなるとモチベーションが盛り上がらず、腰が落ち着かないままフラフラと次の転職に動き出してしまうわけだ。 もちろん転職に失敗した分、さらに選択肢は狭まるという負のスパイラルに陥ることになる。

短期の転職が続いている人や、前の転職を失敗だと感じている人は、 今できる範囲で良いから全力で成果を上げることに集中し、少なくとも3年は踏み留まる方が、 長い目で見れば次の選択肢は増えるだろう。

今回のポイント
かつては「転職回数は少ないに越したことはない」と言った価値観が少なからずあったものの、現在はそうした価値観はかなり薄まっている。むしろ年齢に応じた転職経験のある人材の方が魅力的と考える人事も増えている。
転職回数よりも、短期での転職がないか、転職のたびに格落ちしていないか、しっかりとしたキャリアデザインがあるか、が重要なポイントだ。
短期の転職が続く人は、ますます志望と乖離(かいり)してしまう負のスパイラルに陥っている可能性が高い。一度腰を据えて3年以上の職歴を磨いたうえでキャリアを再検討すべきだろう。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.55 何度も転職に成功できる人の特徴

何度も転職に成功できる人の特徴 世の中には「転職上手な人」というのが存在する。例えば、3社や4社、人によっては10社など、複数回の転職成...

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...