転職ノウハウ

mixiチェック

転職で年収を100万円アップさせる方法

当たり前の話だが、中途採用には新卒採用と違って「年収いくらにしましょうか」という報酬交渉のプロセスが含まれる。猫も杓子も一律で初任給が適用される新卒とは違い、それまで培ってきたスキルを売るのだから当然だろう。

そういう場合に「何だこいつ、生意気だな」とか「仕事よりお金を重視するのか」なんて野暮なことを考える人事担当なんていないので、優秀者は心置きなく、自らに相応しいと考える金額を提示するべきだ。

とはいえ、どうも普通の日本企業で長く働いてきた人の多くは、筆者から見るとずいぶん奥手な人が多いようである。なかなか具体的な金額は挙げず、何となく「今700万円もらっているので、それくらい頂ければ……」的なリクエストで終わる人の方が多い。中には、こちらが想定していた最大年収より100万円以上低く収まってしまうケースもある。

片や、複数の転職を経験しているベテランや外資出身者などは、逆に後から思えば明らかな過大広告だったなと苦笑せざるを得ないほどに交渉上手で、場合によってはこちらの予算を超えた金額を引き出されることもある(それだけ優秀な人材なのは言うまでもない)。

もちろん、どちらが良い悪いという話ではなく、自由市場では交渉の下手な人間が買い叩かれるというだけの話だ。労働の対価を意識しないまま「会社に丸投げしていればいつか報われるに違いない」というチープなファンタジーに浸っている人間の自己責任だろう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...