転職ノウハウ

mixiチェック

後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと

残業の続いた翌月、給与明細を見るのが楽しみだという人は少なくないだろう。30代ともなれば時給の元となる基本給が上がり、時間外勤務手当が基本給を上回るということもあり得る話だ。実際、生活のためにある程度の残業は必要だと割り切る人も少なくない。

しかし断言するが、35歳以降に、ある程度のポジションまでいこうと思えば、残業代に依存する考えは捨てた方がいい。筆者の知る限り、残業代を気にする人材で一流となった人は一人もいない。そのような人はなぜか一様に35歳前後、ポジションでいえばリーダークラスで頭打ちとなってしまう。

理由はとてもシンプルで、組織に求められているミッションと残業が生み出すものはベクトルがまったく異なっているためだ。20代前半なら基本給も低いので残業手当に期待するのも仕方ないが、20代後半以降、そういった働き方は長期的なキャリアビジョンを大きく狂わせる恐れもあるため、注意が必要だろう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...