転職ノウハウ

mixiチェック

45歳以降に降格されたらどうすべきか

日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、 多少パッとしない程度では賃下げや降格はありえない、というのが長年の慣習だったが、 最近はずいぶんと降格に関する話題を耳にするようになった。「社内の人事制度を刷新するため、 管理職の半数を降格する」というリリースも、ここ数年で数社ほど見た記憶がある。 今まさに年功序列制度が解体されつつあるということだろう。

とはいえ、忘れてはいけないのは「現在はあくまでも過渡期にすぎない」という点だ。 過渡期というのは往々にして従来のメリットだけが薄れる一方、従来のデメリットは色あせないまま残ってしまう。 具体的に言うなら、年功序列要素は経営側から一方的に見直される反面、 流動的な人事制度による再チャレンジや多様なキャリア選択まではなかなか実現しづらいということだ。

実際、筆者の知る限りでも「とりあえず上の詰まっている45歳以上の処遇を見直すけれども、 言葉は悪いが結果的に彼らの多くはそのまま飼い殺されることになる」と認める人事担当は多い。

というわけで、今回は、45歳以降で組織から降格の対象になり転職しようとする場合、 どうすべきかについてまとめてみたい。

45歳以降の転職には余裕を持って臨むべき

“35歳転職限界説”のようなタイムリミットが存在するのは、 年功序列制度が今でもそれなりに維持されている大手の日本企業を転職対象とした場合の話だ。 逆に言うと、45歳を過ぎてしまった人材は、そうしたタイムリミットはもはや気にする必要はないのだから、 じっくり腰を据えて自身のキャリアの洗い出しをするといいだろう。

キャリアの洗い出しは以下の2段階式プロセスが基本となる。 まずは、業界全体のトレンドや展望をしっかりと把握する。 それは自身が身を置く業界がどのような状況にあるのかを示してくれる“世界地図”となってくれるだろう。

そのうえで、自身のこれまで経験してきた職歴やスキルがどのくらいの位置づけで、 どのくらいの付加価値を持つのかをチェックすることが不可欠だ。 これは“世界地図”の中で自分がどこにいるかを示す“GPS”のようなものと考えるといいだろう。

“世界地図”については普段から意識して準備しておく必要がある(ホワイトカラーの自覚のある人間にとっては当たり前の話だろうが)。 “GPS”については人材紹介会社経由で転職コンサルタントに相談すれば、まったくの未準備であってもある程度は把握可能だろう。

以前 も述べたように、40代以降の転職先としては非年功序列型の企業が有望な候補となるはずだ。 非年功序列型といっても外資から新興企業群まで幅広いが、余裕を持って上記のような準備を行い、 自分の位置を把握したうえでなら着地点をそう見誤ることもないだろう。

45歳以降は「年齢のない世界」での勝負を

45歳以降の転職で失敗する人には、ある一つの共通点がある。 それは、年功序列型のキャリアパスでは残念ながら上がり目はすでにないにも関わらず、 なぜか前職同様の終身雇用・年功序列型のキャリアパスに乗ろうと試みる点だ。 通常の企業であれば、他社の幹部候補選抜に漏れた人材を幹部候補としては採用しない。 だからそうした転職活動はまず実を結ばないし、仮に結んだとしたらベース給自体が数段下がるような格下の転職だろう。

一方で、45歳以降に新天地に打って出て勝利できる人材は、 必ず上記のモードチェンジを理解していて「自身が年功序列型キャリアパスで行き詰まった以上、 実力主義型のキャリアパスで年功に関わらず勝負するしかない」という点でしっかり腹をくくれているように思う。

最後に一つだけフォローを。45歳を過ぎて降格などの憂き目に遭い、一念発起して上記のような準備をしたとしよう。 そのあとに特に魅力的な求人がないならないで、筆者はそのまま現在の職にとどまり続けるのがベストな選択のように思う。 人は選択肢がない場合に追い詰められるリスクがあるが、いつでも飛び出せる選択肢を手に入れたのなら、もはやそうした心配は無用だろう。

今回のポイント
最近、日本企業であっても中高年社員に対して降格を実施するケースが増えている。とはいえ過渡期である分、労働市場の流動化といったメリットはまだ少ない。
45歳以降で転職を選択した場合は、年功序列型キャリアから実力型キャリアへのシフトだと覚悟をした方がいい。転職先も当然そうしたカルチャーの企業を選ぶべきだ。
例え45歳以降で年功序列型キャリアが頭打ちになったとしても、実力型のキャリアパスで勝負するのであれば焦る必要はない。じっくり準備をし、場合によってはそのまま現職にとどまるというのも有力な選択肢だろう。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...