転職ノウハウ

mixiチェック

45歳以降に降格されたらどうすべきか

日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、多少パッとしない程度では賃下げや降格はありえない、というのが長年の慣習だったが、最近はずいぶんと降格に関する話題を耳にするようになった。「社内の人事制度を刷新するため、管理職の半数を降格する」というリリースも、ここ数年で数社ほど見た記憶がある。今まさに年功序列制度が解体されつつあるということだろう。

とはいえ、忘れてはいけないのは「現在はあくまでも過渡期にすぎない」という点だ。過渡期というのは往々にして従来のメリットだけが薄れる一方、従来のデメリットは色あせないまま残ってしまう。具体的に言うなら、年功序列要素は経営側から一方的に見直される反面、流動的な人事制度による再チャレンジや多様なキャリア選択まではなかなか実現しづらいということだ。

実際、筆者の知る限りでも「とりあえず上の詰まっている45歳以上の処遇を見直すけれども、言葉は悪いが結果的に彼らの多くはそのまま飼い殺されることになる」と認める人事担当は多い。

というわけで、今回は、45歳以降で組織から降格の対象になり転職しようとする場合、どうすべきかについてまとめてみたい。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.45 将来性のある中小企業を見抜くポイント

将来性のある中小企業を見抜くポイント 大企業と言えども安泰とは言えなくなった時代のせいだろうか。最近、中小企業への転職について質問されることが...

vol.44 給料2倍のオファーを提示されたら何をチェックすべきか

給料2倍のオファーを提示されたら何をチェックすべきか AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット化)といった新技術の開発競争が過熱する中、...

vol.43 “40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...