転職ノウハウ

mixiチェック

転職の際にトラブルはできるだけ避けた方が良いワケ

筆者は基本的に、個人は組織に対して従属ではなく対等の関係を築くべきだし、それこそが個人のベネフィットを最大化する最善の方法だと考えている。筆者が常日頃言っているキャリアデザインとはそのための手段だ。

とはいえ、対等だからと好き勝手に振る舞うのも現状ではどうかと考えている。特に転職に際して、どうせ辞める身だからと言いたい放題やりたい放題するのは、後々まで尾を引く可能性が強い。最近、このあたりの微妙な温度差から生じるトラブルを見聞きする機会が増えたように思われるので、一度まとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.45 将来性のある中小企業を見抜くポイント

将来性のある中小企業を見抜くポイント 大企業と言えども安泰とは言えなくなった時代のせいだろうか。最近、中小企業への転職について質問されることが...

vol.44 給料2倍のオファーを提示されたら何をチェックすべきか

給料2倍のオファーを提示されたら何をチェックすべきか AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット化)といった新技術の開発競争が過熱する中、...

vol.43 “40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...