転職ノウハウ

mixiチェック

転職の際にトラブルはできるだけ避けた方が良いワケ

筆者は基本的に、個人は組織に対して従属ではなく対等の関係を築くべきだし、それこそが個人のベネフィットを最大化する最善の方法だと考えている。筆者が常日頃言っているキャリアデザインとはそのための手段だ。

とはいえ、対等だからと好き勝手に振る舞うのも現状ではどうかと考えている。特に転職に際して、どうせ辞める身だからと言いたい放題やりたい放題するのは、後々まで尾を引く可能性が強い。最近、このあたりの微妙な温度差から生じるトラブルを見聞きする機会が増えたように思われるので、一度まとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...