転職ノウハウ

mixiチェック

好きなことを仕事にする意味

筆者は仕事柄、以下のような質問をいろいろな人から受ける。「好きなことを仕事にするべきですか? それとも仕事は仕事と割り切って、与えられた仕事に真面目に取り組むべきですか?」

答えはとてもシンプルで、まず「生産性を上げて第一線でキャリアを磨きたい」というハイクラス志向の人材には、できるだけ好きな業務や関心のある業種に携わる努力をするようアドバイスしている。というのも、個人の能力は好きなことに取り組む際に最大限発揮されるためだ。

では、ハイクラスへの志向はそこまででもないという人はどう仕事と向き合うべきか。こちらも答えはシンプルで、今の仕事と“本当にやりたい仕事に移るコスト”を比べて、自分で判断すれば良い。それを一番分かっているのは自身のはずだから、第三者がとやかく言う問題ではないだろう。

ただし、判断材料としていくつかアドバイスしておくべき点があるのも事実だ。というわけで、今回は“好きなこと”と仕事の線引きについてまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...

vol.50 転職のきっかけは正直に伝えるべきか

転職のきっかけは正直に伝えるべきか 人はなぜ転職するのだろうか。理由はそれぞれだろうが、終身雇用を前提とする昭和的価値観が強く残っている間は、...