転職ノウハウ

mixiチェック

転職に備えてやっておくべきこと

転職系のサイトに連載しておいて何ではあるが、実は筆者は「転職なんて、しなくていいならしない方がいい」というスタンスだ。理由を一言で言うと、労働市場の流動性が低すぎるため、いろいろと無駄が多いという点に尽きる。職務が企業ごとにガラパゴスに定義されているため、スキルのうち転職でリセットされてしまう部分が少なくないのだ。

さらに言えば、そうまでして転職しても、キャリアデザイン的には失敗と思われるケースが少なくないというのも理由の1つだ。もちろん何が成功かなんて本人にしか分からないものだが、少なくとも成功ではないなと思われる転職の方が、現実には多数派である。

では、結論としては「何があっても会社にしがみつけ」というのが合理的で、転職サイトなんて利用するなというのが本稿の結論なのかと言えば、それは違う。「転職はしなくてもいいけどいつでもできる準備はしておけ」というのが筆者のスタンスであり、それはそのまま、転職を成功させる近道であり、同時に今の組織において出世する王道でもある。

というわけで、今回は慣れ親しんだ職場を離れるにあたって、やっておくべき“準備”について説明しよう。

マップとコンパスを準備する

転職という旅に出るわけだから、マップとコンパスは必須である。と言っても、何も東急ハンズに走れというわけではない。転職市場に打って出る前に、その案内図が必要だという意味だ。

転職する前に、まずは自分の身を置く業界全体がどうなっているのか、そして経済は今後どういう方向に流れていくのかを知っておく必要がある。このあたりは、きちんとリスクをとっているビジネスマンならごく常識の話だろうが(特に安定した大企業の社員などは)社内にしかアンテナを張っていないという人が少なくない。

新聞でも雑誌でも経済書でも何でもよいが、経済系のメディアにある程度目を通し、自分の仕事に関わりのある話題は意図的にチェックしておく習慣くらいは、早期に身に付けておくべきだろう。それを数年続ければ、きっと自分の中に俯瞰的な“マップ”ができているはずである。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.50 転職のきっかけは正直に伝えるべきか

転職のきっかけは正直に伝えるべきか 人はなぜ転職するのだろうか。理由はそれぞれだろうが、終身雇用を前提とする昭和的価値観が強く残っている間は、...

vol.49 転職エージェントの活用がおすすめなわけ

転職エージェントの活用がおすすめなわけ これから転職を考える際、人材紹介会社に登録して転職エージェントと面談することも一つの有力な選択肢だ。...

vol.48 転職回数は何度まで許されるか

転職回数は何度まで許されるか 今では隔世の感があるが、90年代までは日本の大企業には「中途採用者は信用できない」「生え抜きより扱いを下にする」...