転職ノウハウ

mixiチェック

斜陽産業ほどチャンスが多い

転職を視野に入れているビジネスパーソンから、筆者はしばしばこんな言葉を耳にする。
「あの業界は斜陽なので転職の選択肢には入れていない」

できることなら成長分野に身を置きたい、という思いはよく分かるし、基本的にはそれで正しいと思う。だが、誰が見ても明らかに分かる成長分野というのは、これからキャリアを積み上げていく上では今からのこのこ入っていってもすでにおいしいところはすべて押さえられているというケースも少なからずある。

むしろ、斜陽産業の中にこそ次の成長分野の芽が隠れているというのが筆者のスタンスだ。いい機会なので、斜陽産業とキャリアについてまとめてみたい。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.43“40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...

vol.42 「石の上にも三年」は重要か?

「石の上にも三年」は重要か? 「石の上にも三年」ということわざがある通り、昔から3年は歯を食いしばってでもとにかく頑張ってみろといった考え方が...

vol.41 職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法

職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法 多くの識者が明言しているように、転職活動は現在の職に在籍している間に行い、まず内定を取ったう...