転職ノウハウ

mixiチェック

転職先で苦労するなら異業種に行け

いざ転職活動を始めてみたものの、このご時世、なかなか思うようには進まないという人が少なくない。そういう人に対して、筆者は常にいくつかのアドバイスをすることにしている。主なものは以下の3つだ。

1.新興企業、外資系企業を視野に入れること
2.地方なら大都市圏、大都市圏なら地方を視野に入れること
3.異業種を視野に入れること

1についてはこれまでも何度か述べてきた。伝統的な日本型組織は35歳以降の人材の採用ハードルが上がるため、非伝統的な組織を視野に入れた方が成功する確率が高くなるという話だ。

2は一言で説明するのは難しいセオリーだが、筆者の経験上、その土地での転職活動で行き詰まった人は地域を変えると意外にうまくいくことが少なくない。なかでも大都市と地方のシフトが好結果をもたらすという経験則だ。

だが、現在の労働市場においては、意外に3がもっとも意義あるアドバイスかもしれない。

異業種への転職については、以前も「自分は転職市場で通用するようなスキルがない」と嘆く人向けに、異業種への挑戦を勧める理由とその際のアピールのポイントをお伝えした。今回は自分のキャリアを積んできたという人でも、転職先が思うように決まらず苦労しているなら、異業種への挑戦をおすすめしたい。また、異業種への転職は、長い目でみればキャリアを伸ばすことにつながるということを、実例を用いて紹介しようと思う。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.43“40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...

vol.42 「石の上にも三年」は重要か?

「石の上にも三年」は重要か? 「石の上にも三年」ということわざがある通り、昔から3年は歯を食いしばってでもとにかく頑張ってみろといった考え方が...

vol.41 職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法

職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法 多くの識者が明言しているように、転職活動は現在の職に在籍している間に行い、まず内定を取ったう...