転職ノウハウ

mixiチェック

40歳以上で転職に苦労する人

ここ数年、40歳以上での転職がずいぶん増えてきたように思う。これまで40歳以上の転職者を採用していなかった企業も、 人手不足で贅沢を言っていられなくなったことが最大の理由だが、 日本企業が徐々に生え抜き育成から即戦力採用に軸足を移しつつある点も大きい。

当然ながら、転職には成功も失敗もつきものだ。特に40歳以上で転職に苦労する人を見ると、いくつかの典型例が見て取れる。 20~30代でキャリアデザインを考える上での「なってはいけない」貴重なモデルケースとなるだろうから、簡単にまとめておこう。

過去の処遇が忘れられない人

40代以降の転職失敗エピソードで、もっとも頻繁に耳にするのがこのタイプだろう。 要するに、以前の会社でのポストや処遇が頭から離れず、何かにつけて転職後の現在と比較してしまう人のことだ。

現在の方が処遇的に上ならそれもいい。過去を振り返って勝ち上がってきた実績を眺めることは、 自信を深めてくれることだろう。

でも、過去より現在の処遇の方が劣っている(と本人が自覚している)場合、 過去を振り返るたびにモチベーションは徐々にロストしていくものだ。 結果、新しい職場での低パフォーマンスにつながることになる。

一方で、世の中には、スポーツで鍛えてきたわけでもなく、波乱万丈の人生を過ごしてきたわけでもないのに、 何があっても打たれ強い人というのが存在する。筆者はその本質的能力を「過去にとらわれず、 今なすべきことをなす集中力」だと見ている。

これはビジネスだけではなく、恋愛や勉強にも当てはまることだが、中途半端な才能の有無よりも、 そうした集中力のある人材=何度失敗しても今なすべきこととして自力でリカバリーできる人材の方が、 長い目で見れば必ず上に上がれるものだ。

柔軟性に欠ける人

次に、「学歴も職歴も申し分ないのに、なぜか新しい会社で成果が上げられない中高年」の多くは、 柔軟性に欠けるタイプであることが多い。

そうしたタイプはもともとが優秀なので、周囲の人間よりも一足先に仕事に習熟し、ルーチン化することができる。 そこまではよいのだが、そこで浮いたエネルギーをどう使うかで、その後の人材としての柔軟性の量が決まってしまう。

何か新しいアイデアや課題を見つけて取り組むことにエネルギーを使うなら、 彼は40代になろうが50代になろうが、柔軟性に富む優秀な人材としてどこの職場でも通用するだろう。

だが、ルーチンワークだけをこなし、エネルギーをセーブし続ける、 場合によっては仕事を増やさないことのためにエネルギーを使うようになってしまうと、 待っているのは「あの人はキャリアの割に柔軟性に欠ける、いつまで経っても新しいことが身に付かない」という残念な評価だ。

コミュニケーション能力に難のある人

新卒採用で特によく耳にするコミュニケーション能力だが、やはり40歳以上の転職でもとても重要だ。

とはいえ、ここでいうコミュニケーション能力は、面接で成功体験を滔々と語れる話術でも、 場を盛り上げるムードメーカースキルでもない。端的に言うと、 知らない“場”で新しい人間関係をゼロから構築できるコミュニケーション能力のことだ。

たとえば、知らない街に出張して、駅前のカウンター席だけの居酒屋に飛び込んでみたら、 自分以外は全員常連で名前で呼び合うような店だった、というシーンを想像してほしい。 恐らく99%の人は居心地の悪さを感じるだろうが、そこで小一時間も座るうちに自分の居場所を作れる人間こそ、 ここでいう「コミュニケーション能力の高い人材」だ。

採用に際して職務定義書を交わす職務給ベースの国とは違い、日本は職務範囲の極めて曖昧な職能給の国であり、 担当業務は職場の人間関係の中で決まる傾向が強い。要するに、新しい職場の中で自分の居場所を作らない限り、 仕事という面でもなかなか新環境にはフィットしづらいということだ。

筆者は若手ビジネスマンに対しては、趣味でもアフターファイブでも何でもいいから、 できるだけ社外の人間と接触する機会を作れとアドバイスしているが、 その目的の一つはこうしたコミュニケーション能力の維持にある。コミュニケーション能力というのは、 違う価値観や異なる年代の人たちと接してこそ磨かれるものだからだ。

上記3点は、日頃から意識してさえいれば、ある程度は自己の努力でカバーできる素養でもある。 市場価値を意識したスキル開発というのがキャリアデザインの基本だが、よりメタな人間性に関わる部分として、 上記3点も併せて意識しておくと万全だろう。

今回のポイント
前職の処遇にとらわれると、新しい職場でもなかなか前向きにはなれないものだ。過去を切り捨て、今なすべきことに集中する力は、ビジネス以外でも重要な素養である。
定型化する能力は重要だが、そこで決まった枠に閉じこもってしまうと柔軟性に欠ける人材になる。常にエネルギーは新たな課題や発想に振り向けるべきだ。
新天地で溶け込むには、何歳になってもコミュニケーション能力は不可欠だ。それを維持するためには、若いうちからできるだけ社外の人間と接する場を持ち、異なる価値観、年齢層の人と接する機会を増やすべきだ。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...