転職ノウハウ

mixiチェック

転職で“逃げ”はどこまで許されるのか?

転職において、スキル以外で採用担当者が最も重視するものは、求職者の動機だ。

「より自分を成長させたいから」

「新たな活躍の機会を得たいから」

といった前向きな動機を、中途採用面接ではしばしば耳にする(もちろん「もっと高い報酬が欲しいから」というのも前向きで素晴らしい動機だ)。

一方、人間にはネガティブな動機も同じくらい、というかそれ以上に存在していて、実際にはそういった後ろ向きの動機の方が多いものだ。たとえば、以下のようなネガティブな動機から転職を考えたことは、誰でも一度くらいはあるはずだ。

「職場の人間関係に疲れたから」

「仕事がどうにも面白くない」

人が人である以上、“逃げ”と呼ばれるようなネガティブな動機は永遠に湧いてくるものだ。であれば、転職希望者はそういった動機とどのように向き合うべきなのだろうか。今回は転職と“逃げ”についてまとめてみたい。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...