転職ノウハウ

mixiチェック

一貫性のないキャリアとの向き合い方

職場の中核として活躍している最中に、突然、異動の辞令を受け取った経験のある人は少なくないだろう。しかも、次の職場は、今の担当業務とは直接関係なさそうな部署であり、せっかくこれまで築いたスキルやノウハウが宝の持ち腐れになってしまいかねない……ある程度の規模の組織で働いている人なら、誰でも一度は身に覚えがあるはずだ。

実は、こうした「キャリアに一貫性がなくなってしまうジョブローテーションをどう考えるべきか」という質問は、第一線のビジネスマンからもっともよく寄せられるものの一つでもある。

というわけで、今回は、一貫性に欠けるキャリアとの向き合い方についてまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.43“40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...

vol.42 「石の上にも三年」は重要か?

「石の上にも三年」は重要か? 「石の上にも三年」ということわざがある通り、昔から3年は歯を食いしばってでもとにかく頑張ってみろといった考え方が...

vol.41 職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法

職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法 多くの識者が明言しているように、転職活動は現在の職に在籍している間に行い、まず内定を取ったう...