転職ノウハウ

mixiチェック

一貫性のないキャリアとの向き合い方

職場の中核として活躍している最中に、突然、異動の辞令を受け取った経験のある人は少なくないだろう。しかも、次の職場は、今の担当業務とは直接関係なさそうな部署であり、せっかくこれまで築いたスキルやノウハウが宝の持ち腐れになってしまいかねない……ある程度の規模の組織で働いている人なら、誰でも一度は身に覚えがあるはずだ。

実は、こうした「キャリアに一貫性がなくなってしまうジョブローテーションをどう考えるべきか」という質問は、第一線のビジネスマンからもっともよく寄せられるものの一つでもある。

というわけで、今回は、一貫性に欠けるキャリアとの向き合い方についてまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.50 転職のきっかけは正直に伝えるべきか

転職のきっかけは正直に伝えるべきか 人はなぜ転職するのだろうか。理由はそれぞれだろうが、終身雇用を前提とする昭和的価値観が強く残っている間は、...

vol.49 転職エージェントの活用がおすすめなわけ

転職エージェントの活用がおすすめなわけ これから転職を考える際、人材紹介会社に登録して転職エージェントと面談することも一つの有力な選択肢だ。...

vol.48 転職回数は何度まで許されるか

転職回数は何度まで許されるか 今では隔世の感があるが、90年代までは日本の大企業には「中途採用者は信用できない」「生え抜きより扱いを下にする」...