転職ノウハウ

mixiチェック

一貫性のないキャリアとの向き合い方

職場の中核として活躍している最中に、突然、異動の辞令を受け取った経験のある人は少なくないだろう。しかも、次の職場は、今の担当業務とは直接関係なさそうな部署であり、せっかくこれまで築いたスキルやノウハウが宝の持ち腐れになってしまいかねない……ある程度の規模の組織で働いている人なら、誰でも一度は身に覚えがあるはずだ。

実は、こうした「キャリアに一貫性がなくなってしまうジョブローテーションをどう考えるべきか」という質問は、第一線のビジネスマンからもっともよく寄せられるものの一つでもある。

というわけで、今回は、一貫性に欠けるキャリアとの向き合い方についてまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.54 退職手続きの作法

退職手続きの作法 転職はすっかり一般的な選択肢として定着した印象があるが、その前段プロセスである"退職"に関しては正面から論じられることは案外...

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...