転職ノウハウ

mixiチェック

本文_無制限
城 繁幸(じょう しげゆき)人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。

転職35歳の壁を突破する方法!

よく「35歳を過ぎると転職は難しくなるんでしょうか?」という質問をされることがある。 いわゆる“転職35歳限界説”という奴だ。結論から言えば、確かに35歳を過ぎると転職のハードルは大きく上がり、 よほど凄い専門性があるか、マネジャーとして実績のある人材でないと、普通の日本企業からはお呼びがかからなくなってしまう。

「どうして年齢で差別するんですか? 人生80年時代におかしいじゃないですか!」なんて疑問を持つ人もいるだろうが、 いい大人が甘えるなと言いたい。まずは文句を言う前に、胸に手を当てて“35歳”がどういう年齢か考えてみるといい。

終身雇用というのは、40歳くらいまでは安い賃金でコキ使われるけれども、 40歳以上になるとむしろ割高な賃金をもらえて65歳まで保証しますよというシステムである。 そして、40歳手前でさらに上に行けるタマとそうでないタマに振るい分けして、 ダメだった人は捨て扶持で定年まで飼い殺しますよというルールでもある。

そう考えると、35歳オーバーでどういう人材を企業が欲しがるかは明らかだろう。 「幹部候補選抜で既に課長以上に選抜され、マネジャーとして一定の実績のある平均以上の人材」ということだ。 選抜に漏れた側で捨て扶持もらっているような人間を、他社がわざわざ採用するかと言えば、するわけがない。 だから、35歳を過ぎても転職できる人材になるには? と聞かれたら、課長でも部長でもプロジェクトマネジャーでも何でもいいから、 とにかくプロジェクトを回す役職者になってマネジャーとして分かりやすい実績を作っておけと言うしかない。

では35歳を過ぎても出世の芽のない人は諦めるしかないのかと言うと、そうとも言えない。 世の中には「この人は年齢的に採用しづらいけれども、見どころのある人だなあ」という40代や50代のオジサンが少なからずいて、 実際ちゃんと転職にも成功しているからだ。そうしたタイプの人材には、いくつかの共通点がある。

転職が成功しているタイプの人材とは?

アンテナが高く、常に新しいことへの好奇心を失わない

新聞から経済誌、ビジネス書といった活字媒体から積極的に情報吸収する人と、まったく手に取ろうとしない人。 業務に関連する法改正について興味を持って自分で調べる人と、部署内で回覧レポートが回ってきてようやく目を通す人。 休日に興味のある分野の勉強会やセミナーに積極的に参加する人と、家で寝てばかりいる人。 きっとどこの職場にもどちらのタイプもいるはずだが、話してみてどっちの人から得るものが多いか。 あるいは、共に仕事をしたいと思うだろうか。面接官に聞くまでもなく明らかだろう。

ルーチンワークだけに特化していない

30歳を過ぎると社内のイロハはあらかた身に付いてしまい、“業務倦怠期”とでも言うような状況が必ず誰にでも訪れるものだ。 そこで担当業務をルーチンワークとして惰性で処理できるようにしてしまい、ダラダラ仕事をしていると、 柔軟性に欠ける人材になってしまう。何か新しい提案や企画に対し、 何かと理由をつけて反対する人間はたいていがこのタイプで、中途採用でまったく評価されない人材だ。

常に主体的に業務に取り組んでいる

新卒にも言えることだが、指示されたことだけ忠実に実行するスキルはせいぜい20代前半までで、 その後のホワイトカラーは、言われなくても自分で課題を見つけ出し、企画書をプレゼンできる人材でなければならない。 そうしたことを何年も真面目にやっている人間とそうでない人間は、話せば5分で違いが分かる。 そもそも、そうしたことと無縁な人間の職歴は、一見して可哀想なほど中身がないものだ。 常に自分で考えて行動する人間のもとには、自然と魅力的で付加価値の高い業務が集まるものだ。

こうした取り組みを普段から行っているオジサンというのは、何歳であろうと筆者の目には魅力的に見える。 おそらく労使があって毎年労使交渉やっているような規模の日本企業には(年齢的な理由で)受けが悪いだろうが、 そうでない企業、例えば外資系企業や新興企業なら、いくらでも転職先は見つかるものだ。

真の肉食系なら、喜ぶべき新しい世界

まとめておくと、35歳を過ぎたら使い物にならないというのも、幹部候補選抜に漏れたら捨て扶持で食いつなぐしかないというのも、 すべては終身雇用の世界での話に過ぎない。だったら、終身雇用の世界から外に出ればいい。 それができるよう、上記のような努力を若いうちからしておけというのが、筆者の万人向けの処方箋である。

最後に、とても重要なメッセージを述べておこう。厚労省の賃金統計調査を見ても、 既に50代大卒者の半数はヒラ社員である。筆者の感覚で言うと、今の50歳未満は7割前後がヒラ社員のままキャリアを終えることになるだろう。

と聞いて、将来に悲観的になるのは軟弱者の証拠である。真の肉食系なら、むしろこれは喜ぶべき状況であるはず。 というのも、それはつまり“年齢で人を処遇するという年功序列制度”の崩壊を端的に示しているのであり、 裏を返せば、会社の外には年齢によらない新世界が広がりつつあるということだからだ。

「35歳以上は転職できない」というのは「22歳の新卒男子じゃないとダメ」「残業する奴がエライ」などと同様、 いずれ消え去る価値観だろう。35歳以上での転職に際してまず必要なのは、 そうした古い価値観を自分の頭の中からキレイサッパリ捨てることかもしれない。

今回のポイント
マネジメント経験を積める
現状、35歳以上での転職には、一定のマネジメント経験を求める企業が多い。具体的な役職はなくても、そうした経験を積めるような担当業務を経験しておくべきだろう。
自己中心のスタンスは捨てる
ただし、年齢を重要視していない非年功序列型の組織であれば、40代以降も活躍の場は存在する。その場合「同じクラスの日本企業がいい」とか「部長ならやれます」といったスタンスは一切捨てることだ。
主体的な姿勢
35歳オーバーで魅力的な人材になるには、ルーチンワークに甘んじることなく、常にアンテナを高くし、主体的に業務に取り組む姿勢を早くから身に付けておくしかない。
城 繁幸(じょう しげゆき)

城 繁幸(じょう しげゆき)

人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。
人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』、『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』、終身雇用プロ野球チームを描いた小説『それゆけ!連合ユニオンズ』等。

シリーズ名
人事コンサルタント城繁幸の肉食系キャリアアップ術
タイトル画像
サムネイル
TOP表示用リード
よく「35歳を過ぎると転職は難しくなるんでしょうか?」という質問をされることがある。いわゆる“転職35歳限界説”という奴だ。結論から言えば、確かに35歳を過ぎると転職のハードルは大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、マネジャーとして実績のある人材でないと、普通の日本企業からはお呼びがかからなくなってしまう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...

vol.50 転職のきっかけは正直に伝えるべきか

転職のきっかけは正直に伝えるべきか 人はなぜ転職するのだろうか。理由はそれぞれだろうが、終身雇用を前提とする昭和的価値観が強く残っている間は、...