転職ノウハウ

mixiチェック

今の会社でハイクラスに行けるかどうかの見極め方

日本型組織で働く以上、「自分がどこまで出世できるか」は常に意識しておくべき最重要事項と言っていい。なぜなら、年功の積み重ねを40代以降のポストで報いるというのが日本型雇用の本質であり、出世が頭打ち=報酬をとりっぱぐれるということだからだ。

特に30代にとって、これはとても重要なテーマだ。おおかたの日本企業で幹部候補選抜は30代で行われ、そこで部長職以上のハイクラスに行ける人材と、非管理職のまま飼い殺される人材の選別が行われることになる。要するに組織内の出世に白黒つくわけで、自分が黒だとわかって、かつ、それに納得できない人は、速やかに転職するしかない。

ここ数年はずいぶん40代以上の求人案件も増えたが、あまりモタモタしているようだと、年齢的に選択肢が大きく狭まることにもなりかねない。

というわけで、転職すべきかを速やかに判断するためにも、今回は、組織内にいながら自分が上に行けるかどうかをできるだけ効率的に見極めるポイントをまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...