転職ノウハウ

mixiチェック

今の会社でハイクラスに行けるかどうかの見極め方

日本型組織で働く以上、「自分がどこまで出世できるか」は常に意識しておくべき最重要事項と言っていい。なぜなら、年功の積み重ねを40代以降のポストで報いるというのが日本型雇用の本質であり、出世が頭打ち=報酬をとりっぱぐれるということだからだ。

特に30代にとって、これはとても重要なテーマだ。おおかたの日本企業で幹部候補選抜は30代で行われ、そこで部長職以上のハイクラスに行ける人材と、非管理職のまま飼い殺される人材の選別が行われることになる。要するに組織内の出世に白黒つくわけで、自分が黒だとわかって、かつ、それに納得できない人は、速やかに転職するしかない。

ここ数年はずいぶん40代以上の求人案件も増えたが、あまりモタモタしているようだと、年齢的に選択肢が大きく狭まることにもなりかねない。

というわけで、転職すべきかを速やかに判断するためにも、今回は、組織内にいながら自分が上に行けるかどうかをできるだけ効率的に見極めるポイントをまとめておこう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.49 転職エージェントの活用がおすすめなわけ

転職エージェントの活用がおすすめなわけ これから転職を考える際、人材紹介会社に登録して転職エージェントと面談することも一つの有力な選択肢だ。...

vol.48 転職回数は何度まで許されるか

転職回数は何度まで許されるか 今では隔世の感があるが、90年代までは日本の大企業には「中途採用者は信用できない」「生え抜きより扱いを下にする」...

vol.47 ストレスに悩むくらいなら転職しろ

ストレスに悩むくらいなら転職しろ どんなに刺激的な仕事であろうと高給が伴おうと、一定のストレスは必ずついてまわるものだ。 その意味で、ストレ...