転職ノウハウ

mixiチェック

会社が早期退職の募集を始めた時に考えておくべきこと

近年、終身雇用を是としてきた日本企業においても、早期退職などの雇用調整がずいぶんと一般化してきたように見える。2000年ごろまではまだまだ「歯を食いしばってでも社員の雇用を守る経営者」が誉めそやされ、早期退職募集やリストラは、背に腹を変えられなくなった企業がこっそりやるものと決まっていた。

だが現在は、組織そのものの生き残りのために、たとえ黒字であっても常に不採算事業の見直しに注力する経営者が増えている。

よって最近では、ごく普通の会社で働くビジネスマンでも、早期退職の募集を目にする機会は増えているはず。というわけで、今回はそんな場合の注意点をまとめておこう。早期退職というものは、上手く活用できればキャリアを伸ばすうえで貴重な追い風となるものだ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...