転職ノウハウ

mixiチェック

会社が早期退職の募集を始めた時に考えておくべきこと

近年、終身雇用を是としてきた日本企業においても、早期退職などの雇用調整がずいぶんと一般化してきたように見える。2000年ごろまではまだまだ「歯を食いしばってでも社員の雇用を守る経営者」が誉めそやされ、早期退職募集やリストラは、背に腹を変えられなくなった企業がこっそりやるものと決まっていた。

だが現在は、組織そのものの生き残りのために、たとえ黒字であっても常に不採算事業の見直しに注力する経営者が増えている。

よって最近では、ごく普通の会社で働くビジネスマンでも、早期退職の募集を目にする機会は増えているはず。というわけで、今回はそんな場合の注意点をまとめておこう。早期退職というものは、上手く活用できればキャリアを伸ばすうえで貴重な追い風となるものだ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.49 転職エージェントの活用がおすすめなわけ

転職エージェントの活用がおすすめなわけ これから転職を考える際、人材紹介会社に登録して転職エージェントと面談することも一つの有力な選択肢だ。...

vol.48 転職回数は何度まで許されるか

転職回数は何度まで許されるか 今では隔世の感があるが、90年代までは日本の大企業には「中途採用者は信用できない」「生え抜きより扱いを下にする」...

vol.47 ストレスに悩むくらいなら転職しろ

ストレスに悩むくらいなら転職しろ どんなに刺激的な仕事であろうと高給が伴おうと、一定のストレスは必ずついてまわるものだ。 その意味で、ストレ...