転職ノウハウ

mixiチェック

会社が早期退職の募集を始めた時に考えておくべきこと

近年、終身雇用を是としてきた日本企業においても、早期退職などの雇用調整がずいぶんと一般化してきたように見える。2000年ごろまではまだまだ「歯を食いしばってでも社員の雇用を守る経営者」が誉めそやされ、早期退職募集やリストラは、背に腹を変えられなくなった企業がこっそりやるものと決まっていた。

だが現在は、組織そのものの生き残りのために、たとえ黒字であっても常に不採算事業の見直しに注力する経営者が増えている。

よって最近では、ごく普通の会社で働くビジネスマンでも、早期退職の募集を目にする機会は増えているはず。というわけで、今回はそんな場合の注意点をまとめておこう。早期退職というものは、上手く活用できればキャリアを伸ばすうえで貴重な追い風となるものだ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.40 転勤と転職のどちらを選ぶべきか

転勤と転職のどちらを選ぶべきか サラリーマンである以上、転勤は避けては通れない道である。春先になると人事異動の話題で持ちきりになる企業も珍しく...

vol.39 会社が倒産しかけたらどうすべきか

会社が倒産しかけたらどうすべきか ここ10年ほどで、“大企業神話”はすっかり色あせたものとなったように思う。日本を代表する大企業であっても早期...

vol.38 一度辞めた会社に出戻ることはアリなのか

一度辞めた会社に出戻ることはアリなのか 転職市場の活性化に伴い、以前に在籍していた会社へ再びUターンする、いわゆる「出戻り転職」を認める企業が...