転職ノウハウ

mixiチェック

35歳以降で異業種・未経験職種にジョブチェンジする方法

20代の転職ならば、多少畑違いの分野への応募であっても寛大に評価してもらえる傾向が強い。その年代なら、新卒採用の流れに乗ってまだポテンシャルで評価されやすいためだ。これが30代になるともはや完全なジョブチェンジは難しく、それまで積み重ねてきた職歴で求人はぐっと絞られることになる。

とはいえ、現実には35歳を過ぎて転職せざるをえない状況に直面する人は少なくない。

企業がリストラや早期退職の対象とするのはたいてい35歳以上の中高年だし、両親の介護や子供の進学等の事情で勤務地を見直さざるをえなくなるのもたいていは40歳以降の話である。そんな時に、自分の職歴やスキルがぴったりフィットする求人がすぐに見つかるという人は少数派だろう。

というわけで、今回は35歳以降で自分は転職市場で通用するようなスキルがないと嘆く人向けに、ポテンシャルに頼らず異業種・未経験職種に応募することのハードルの低さと、自らを売り込むテクニックをお伝えしよう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...