転職ノウハウ

mixiチェック

35歳以降で異業種・未経験職種にジョブチェンジする方法

20代の転職ならば、多少畑違いの分野への応募であっても寛大に評価してもらえる傾向が強い。その年代なら、新卒採用の流れに乗ってまだポテンシャルで評価されやすいためだ。これが30代になるともはや完全なジョブチェンジは難しく、それまで積み重ねてきた職歴で求人はぐっと絞られることになる。

とはいえ、現実には35歳を過ぎて転職せざるをえない状況に直面する人は少なくない。

企業がリストラや早期退職の対象とするのはたいてい35歳以上の中高年だし、両親の介護や子供の進学等の事情で勤務地を見直さざるをえなくなるのもたいていは40歳以降の話である。そんな時に、自分の職歴やスキルがぴったりフィットする求人がすぐに見つかるという人は少数派だろう。

というわけで、今回は35歳以降で自分は転職市場で通用するようなスキルがないと嘆く人向けに、ポテンシャルに頼らず異業種・未経験職種に応募することのハードルの低さと、自らを売り込むテクニックをお伝えしよう。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

【vol.35】後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと

後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと 残業の続いた翌月、給与明細を見るのが楽しみだという人は少なくないだろう。30代とも...

【vol.34】45歳以降に降格されたらどうすべきか

45歳以降に降格されたらどうすべきか 日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、多少パッとしない程度では賃下げ...

【vol.33】転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか

転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか SNSによる個人の情報発信が盛んとなった現在、従来は日の目を見ることがなかった生の職場情報が、電...