転職ノウハウ

mixiチェック

ハイクラスな会社の辞め方

いざ転職しようと決めたとき、入社先の企業のことばかり考えてはいないだろうか?今後のキャリアを思うと、今いる企業の「辞め方」も変わってくる。というわけで、今回はワンランク上の辞め方についてまとめてみたい。

筆者の経験から言って、キャリア上級者ほどきれいな辞め方をする傾向がある。そうなる理由は簡単で、彼らハイクラス人材は、転職の美しさもまた自らのキャリアの一部となることをよく理解しているためだ。

一方で、それ以前のキャリアデザインがいま一つ上手くいっていない人ほど、転職ではドタバタし、場合によっては会社や上司と揉めてしまうケースも目立つ。そうした人間は、転職=人間関係や社内評価の清算といったネガティブな動機である場合が多く、そうした“脱出”に際して周囲に気を配る余裕が持てないためだろう。引き際の見事な人材は、それだけで周囲から一目置かれるものなのだ。

さて、筆者が「できるな」と感じる美しい会社の辞め方、ポイントは以下の3つだ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.53 面接ではどこまで話を盛ってよいのか?

面接ではどこまで話を盛ってよいのか? 転職に際しては、内定が取れるかどうかに加えて、自分をいかに高く売り込めるかも重要なポイントとなる。...

vol.52 『転職』と『転社』を見極めよう

『転職』と『転社』を見極めよう 一昨年あたりから「従来は難しいとされてきた35歳以上の転職事例が急増している」という話をしばしば耳にするように...

vol.51 転職活動を在職中に行うべき理由

転職活動を在職中に行うべき理由 しばしば一流のビジネスパーソンが口にする転職の作法に「転職活動はできれば在職中に行うべきだ」というものがある。...