転職ノウハウ

mixiチェック

転職した後で「失敗したかも」と思った時どうすべきか

転職に際しては、既に社会人としてそれなりの経験を積み、業界内で一定の情報収集もしているはずだから、上辺の話しかしないリクルーターや会社説明会しかない新卒とは違って失敗する確率は少ないはずだ。にもかかわらず、実際には「こんなはずじゃなかった」というような感想を事後に抱く人が少なくない。

というわけで、今回は転職者が直面するギャップと、その処方箋についてまとめてみたい。既に後悔しているという人はもちろん、これから転職を考えているという人にも参考になるはずだ。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

【vol.35】後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと

後悔のないキャリアを築くために、残業代よりも重視すべきこと 残業の続いた翌月、給与明細を見るのが楽しみだという人は少なくないだろう。30代とも...

【vol.34】45歳以降に降格されたらどうすべきか

45歳以降に降格されたらどうすべきか 日本企業で一般的な職能給とは、過去の年功に対するご褒美的な意味合いが強く、多少パッとしない程度では賃下げ...

【vol.33】転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか

転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか SNSによる個人の情報発信が盛んとなった現在、従来は日の目を見ることがなかった生の職場情報が、電...