転職ノウハウ

mixiチェック

城 繁幸(じょう しげゆき)人事コンサルティング「Joe’s Labo」代表取締役。

転職35歳の壁を突破する方法!

よく「35歳を過ぎると転職は難しくなるんでしょうか?」という質問をされることがある。いわゆる“転職35歳限界説”という奴だ。結論から言えば、確かに35歳を過ぎると転職のハードルは大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、マネジャーとして実績のある人材でないと、普通の日本企業からはお呼びがかからなくなってしまう。

「どうして年齢で差別するんですか? 人生80年時代におかしいじゃないですか!」なんて疑問を持つ人もいるだろうが、いい大人が甘えるなと言いたい。まずは文句を言う前に、胸に手を当てて“35歳”がどういう年齢か考えてみるといい。

終身雇用というのは、40歳くらいまでは安い賃金でコキ使われるけれども、40歳以上になるとむしろ割高な賃金をもらえて65歳まで保証しますよというシステムである。そして、40歳手前でさらに上に行けるタマとそうでないタマに振るい分けして、ダメだった人は捨て扶持で定年まで飼い殺しますよというルールでもある。

そう考えると、35歳overでどういう人材を企業が欲しがるかは明らかだろう。「幹部候補選抜で既に課長以上に選抜され、マネジャーとして一定の実績のある平均以上の人材」ということだ。選抜に漏れた側で捨て扶持もらっているような人間を、他社がわざわざ採用するかと言えば、するわけがない。だから、35歳を過ぎても転職できる人材になるには? と聞かれたら、課長でも部長でもプロジェクトマネジャーでも何でもいいから、とにかくプロジェクトを回す役職者になってマネジャーとして分かりやすい実績を作っておけと言うしかない。

では35歳を過ぎても出世の芽のない人は諦めるしかないのかと言うと、そうとも言えない。世の中には「この人は年齢的に採用しづらいけれども、見どころのある人だなあ」という40代や50代のオジサンが少なからずいて、実際ちゃんと転職にも成功しているからだ。そうしたタイプの人材には、いくつかの共通点がある。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.43“40歳定年”を意識しておくべき理由

“40歳定年”をビジネスパーソンが意識しておくべき理由 最近、浮上してきている「40歳定年制」という言葉を皆さんは耳にしたことがあるだろうか?...

vol.42 「石の上にも三年」は重要か?

「石の上にも三年」は重要か? 「石の上にも三年」ということわざがある通り、昔から3年は歯を食いしばってでもとにかく頑張ってみろといった考え方が...

vol.41 職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法

職歴に突然、空白期間が空いてしまった場合の対処法 多くの識者が明言しているように、転職活動は現在の職に在籍している間に行い、まず内定を取ったう...