転職ノウハウ

mixiチェック

好調期に突入!技術のキーワードは「クラウド」「ビッグデータ」

IT業界は今、好調期に突入しています。リーマン・ショック以降、企業はITへの投資を抑える傾向にありましたが、景気回復に背中を押されるように、IT投資が軒並み活発化しました。金融系と製造系を筆頭に、莫大な予算を組んだ大規模案件や開発プロジェクトが続々と立ち上がっています。基幹システムの刷新・構築を中心に、リーマン・ショック時に凍結されたプロジェクトも再稼働し、国内の自社基盤の整備はもちろん、海外拠点の基幹システムの構築プロジェクトなども走り始めています。

技術面における現在のトレンドは、「クラウド」と「ビッグデータ」。これまでクラウドに対し、日本ではセキュリティの脆弱さが懸念され、官民ともに導入には消極的でした。しかし、アメリカを中心に海外でのクラウド導入事例が先行して増え、成功事例によってセキュリティの懸念が払拭されつつあることから、セキュリティを重要視する官公庁や金融業界において情報システムのクラウド化が進められています。今後、システムを「イチ」から構築するだけではなく、クラウド上の既存パッケージシステムを連携し、リスクや開発コストを低くするというニーズがより強くなってくると見ています。

また、ビッグデータについては、従来の「データを保存・共有する」という観点からさらに踏み込み、コンサルティングファームを中心に、ビジネス戦略やマーケティングにいかにビッグデータを活用するかという「データを解析・活用するための仕組み作り」にトレンドがシフトしています。実際、コンサルティングファームやSIerにはビッグデータに特化した部署も新設され、様々な業界で活用事例が生まれています。

この記事はいかがでしたか? をクリック!(必須)

バックナンバー

【2016年8月レポート】メーカー 2016年も好況は継続。IoTなどの実用化が進み、採用競争はますます活発に

新技術・新モデル開発への投資が活発化し、2013年から好況を継続中! 製造業の業績は、2013年から好調を維持しています。円高基調等の外的要...

【2016年8月レポート】コンサルティング 成長戦略の加速に伴い、プロジェクトが増加傾向に。転職チャンスが拡大中

新規事業開発、M&A、IPOなどの成長戦略が活発化!海外展開支援のニーズも各領域で拡大! アベノミクス以降、日本経済全体は回復基調を続け、...

【2016年7月レポート】建設・設備 求人市場は空前の"売り手市場"へ。2020年以降の動向にも注目

ビッグプロジェクトが目白押し! 公共・民間、土木・建設いずれも好況! 業界全体がこの5年で右肩上がりの好況を続けています。2020年のスポー...