【40代転職】40代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法

40代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法

固有の経験・スキルが蓄積され、専門職や管理職として活躍する人が増えてくる40代。企業からも専門性を備えた即戦力として期待されるからこそ、業界・職種を熟知した転職エージェントの活用が転職成功のカギになります。

40代の転職で転職エージェントを活用するメリット

40代になると仕事の成熟度や専門性が高まり、スペシャリストとしての専門性の発揮や、チームをまとめ育成するマネージャーとしての活躍に期待が寄せられていることでしょう。その一方で、改めて自分のキャリアを振り返り、企業の将来性と自分のこれからも重ね合わせ、「自分にはもっとやれることがあるのではないか」と、考えを巡らすこともあるかと思います。

実は、昨今の転職市場において、専門性やマネジメントスキルを備えた40代の方々に対する企業の採用意欲は高まり、経験・スキルに相応しい条件を提示してくれる傾向が強まっています。ただ、40代の採用では仕事内容やポジション、専門性がよりフォーカスされるため、20代・30代に比べて広く応募を受け付ける公募は少なく、企業側は特定の業界・職種に精通した転職エージェントにオファーすることが大半です。

裏を返すと、求職者の側からしても、自身の経験・スキルをしっかりと理解してくれて、条件交渉まで的確に行ってくれる転職エージェントを介するほうが、マッチングの精度が高まり、案件の選択肢も増えることになります。専門性やマネジメント経験を強みにできるからこそ、業界・職種に精通した転職エージェントの情報力やネットワークを活かし、企業側にピンポイントに売り込むことが得策だといえるのです。

そこで今回、業界や職種について専門性を有し、40代の転職サポート実績を豊富に持つ転職エージェントに、40代の転職の傾向や重要な要素を伺いました。

40代の転職において重要なこととは?
株式会社ファイブスターコンサルタント/非公開求人が中心のため、転職エージェントの活用が必須

株式会社ファイブスターコンサルタント 代表取締役/人材協認定シニアコンサルタント 五座由洋(ござ よしひろ)さん

年収アップも働き方の改善も、視野を広げれば叶えられる

40代の方々は、素晴らしい経験・スキルをお持ちであるにもかかわらず、「自分の経験・スキルを他ではどう活かすことができるのか?」をご自身では掴み切れず、私たちからすると「もっと良い環境で、もっとやりがいのある仕事に就けるのにもったいない」と感じる方々が多くいらっしゃいます。

例えば、建設工事会社の設計部でマルチに活躍されていた方が設計会社に転職した事例です。設計会社で自分の設計スキルが通用するかご自身では判断できない様子でしたが、施工性への配慮や積算の精度は設計会社では重宝されるはずとの私のアドバイスで転職しました。すると設計会社では建設全般の知識に高い評価を受け、年収アップはもちろん、ワークライフバランスも大幅に改善されました。その他、流通業界の中規模クラス企業でキャリアを重ねてきた方が、新たに流通事業を立ち上げる大手商社に事業責任者として迎えられた事例もあります。
いずれも違った風土や業界業種の企業への転職でご自身だけでは判断できなかった転職だと思います。私自身も建設コンサルタントとして培った専門性を活かして、転職エージェントへ転身後、新たなやりがいとともに、趣味や家族との時間を大切にできる働き方を叶えることができました。

視野を広げれば、40代の方々の経験・スキルを必要する企業・ポジションがあり、より良い条件で活躍していただける。私たちは自信をもってそうお伝えできます。

40代の転職には「情報の精度」がますます重要になる

ただし、こうした40代向けの求人案件のうち、世間一般に公開されているのはごく一部です。私が、40代の方々にご紹介する案件も、そのほとんどが非公開求人案件です。経営の中核に関わることが多いからですが、弊社の場合はさらに一歩踏み込み、紹介先企業の人事部や経営者も考えていなかった事業戦略を提案し、潜在的な求人案件を掘り起こすことも珍しくありません。つまり、経験値が上がるほど、レアな案件が増えるため、転職エージェントを介するメリットも大きくなり、むしろ活用しない手はないと思っています。

年齢が上がるにしたがって、自分は転職先に馴染めるだろうか、どんなメンバーをマネジメントしていくのかなど、「人」に対する不安も膨らんでくることでしょう。私たちはそうした職場レベルの情報もきめ細かく掴んでいますので、そうした不安も入社前に払拭でき、職場のイメージを具体的に持ったうえで就業していただくことが可能です。実際、弊社で転職を支援した方々のほとんどが、転職先で長く安心してご活躍されています。

専門性を理解できる“専門店”の活用がポイントに

40代の方々の転職には、それぞれが培われた専門性を的確に理解できる業界特化型の転職エージェントを活用することがおすすめです。私たちは“専門店”と呼んでいますが、弊社もその一つです。業界を熟知したエージェントなら、「専門性をこんな分野にも活かせる」という提案にも説得力があり、企業からの信頼も厚いからです。“専門店”は企業と独自のルートを切り拓いていますので、選択肢を広げるためにも、複数の“専門店”エージェントを活用するとよいでしょう。

職務経歴書の内容も、業界に特化したエージェントなら的確に理解でき、40代の方々の選考では企業側も人事のみならず、事業責任者が目を通します。ですから、経歴を記載する際には、手がけたプロジェクトや実績を箇条書きにして簡潔にまとめていただければ十分です。その上で私たちとの面談では、仕事内容、残業制限、年収条件、介護、育児等、転職に望むことやご事情を遠慮なさらず何でもお伝えください。そのほうがエージェントはお勧めの企業の絞り込みとその求人内容についてお話がしやすくなります。

取材協力

株式会社ファイブスターコンサルタント

株式会社ファイブスターコンサルタント 代表取締役/人材協認定シニアコンサルタント 五座由洋(ござ よしひろ)さん

技術士資格をもった転職エージェントとして、エンジニアの方々の転職支援に強い会社を設立しました。現在は流通・サービス業界出身のコンサルタントも迎え、建設・流通・飲食・サービスを中心に、40代以上の求職者の方々に特化した転職支援を行っています。

株式会社ファイブスターコンサルタントへの相談はこちら

40代の転職において重要なこととは?
株式会社A・ヒューマン/転職エージェントの情報力が、選択を後押しする

株式会社A・ヒューマン ブロードインダストリー部部長 駒﨑 浩(こまざき ひろし)さん

変革を推進し、結果に導く即戦力としての期待が高まる

私の実感値として、管理職や専門職などの即戦力採用において、企業が40代の転職者を求める傾向はこの数年でより強くなっていると見ています。40代の方々はプレイヤーとしての実務スキルと管理職としてのマネジメントスキルの双方を備え、企業が望む結果を出してくれることが読みやすいからでしょう。

これまでは20代・30代の若手を積極的に採用し、それぞれの企業文化に馴染んでから結果を出してほしいと考える企業も多くありました。しかし、今は逆に企業文化に馴染みすぎてしまうと、変革の手綱が緩んでしまいかねないと考え、あえて異文化で活躍してきた40代の方を迎え入れ、組織の成長と変革を推進してくれることに期待が寄せられているのです。

「経験を活かし、もっと手応えのある立場で手腕を発揮したい」「もっと将来性の高い企業で人生の後半戦のキャリアを培っていきたい」と考える40代の方々にとって、チャンスは広がりを見せているといえると思います。

セカンドオピニオンとしても転職エージェントを活用

こうした企業の思惑は、なかなか対外的には発信されません。豊富なエージェント経験を有し、業界・企業に深く入り込んだ転職エージェントであればあるほど、こうしたデリケートな情報まで企業から直接入手でき、転職者の方々にお伝えすることができるのです。

40代の方々は、転職先を検討する際には条件面もよりシビアになるはずです。お子さんがいる方は教育費などがかさむ時期ですし、介護との両立支援の有無も現実味を帯びてくることでしょう。そうした条件面の交渉についても、企業と直接行うのでは気が引ける面もあるはずです。転職エージェントを活用すれば、転職者の意向をふまえ、企業との間にフラットな立場で立ち、条件交渉を推進してくれます。

また、業界を熟知した転職エージェントであれば、企業各社の実情も知り得ていますので、「この企業に転職したい」というご希望に対して、将来性や仕事内容、社風など、様々な観点から時には待ったをかけ、「間違いのない選択」の指針となる情報を提示できます。他社の転職エージェントからのオファーに対し、「このオファーを検討するならここをふまえるべき」と、客観的な意見を伝えることもできます。転職先を選ぶ指南役として、そしてセカンドオピニオンとしても、転職エージェントの情報や意見は非常に有益だと思います。

「成功体験」を中心に棚卸しすることが次につながる

まずはご自身のスキル・経験を棚卸し、職務経歴書を作成することが転職の第一歩になります。その際に特に重視していただきたいのは、「成功体験」です。組織でどのようにどんな成果を上げたのか、人材育成にどうかかわり、メンバーの成長を後押しできたのかなど、成功体験を有している人はそれらを次に活かすことができ、企業側もそうした活躍を求めているからです。

転職エージェントを選ぶ際には、少なくとも2~3社は訪問してみることをおすすめします。そして、実際にお会いし、その転職エージェントの実績やスタンスを聞き、情報力や企業とのつながりの強さなどを見極めるとよいでしょう。また、40代ともなれば知人や同僚、上司・部下など周りに転職経験をお持ちの方も少なくないはずです。そうした方々からおすすめの転職エージェントを聞き、参考にすることも信頼のおける転職エージェントに出会う近道になるはずです。

取材協力

株式会社A・ヒューマン

株式会社A・ヒューマン ブロードインダストリー部部長 駒﨑 浩(こまざき ひろし)さん

外資系メーカーを中心に7社の人事部門で実務を経験し、採用・研修・キャリアデベロップメントの分野を担ってきました。30年近くにおよぶ人事経験を活かし、採用側の視点もふまえた転職支援やキャリアアドバイスを提供しています。

株式会社A・ヒューマンへの相談はこちら

まとめ

40代だからといって転職にリスクばかりを感じるのではなく、経験・スキルに自信をもって前に踏み出せば、キャリアも条件も、そしてライフスタイルもよりよくできるチャンスが広がります。業界・職種に精通した転職エージェントを介することで、その精度はより高まることでしょう。

【40代転職】40代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法:転職求人情報ならマイナビ転職エージェントサーチ