【30代転職】30代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法

30代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法

30代は、キャリアや人生において重要な岐路に立つ年代。目指すのはマネジメントか、スペシャリストか、ライフイベントとの両立をどう叶えていくか。将来への重要な選択にもなる30代の転職において、転職エージェントのサポートは重要です。

30代の転職で転職エージェントを活用するメリット

30代は、企業から即戦力としての活躍と合わせて、幹部候補として会社の核になって欲しいという将来性も期待される、いわばハイブリッドな年代だといえます。裏を返せば、転職に踏み切ることで、「上が詰まっていてキャリアアップが見込めない」「自分はもっとやれるはずなのに任せてくれない」といった現状を打開し、ポジションアップや待遇アップ、やりがいの深化を叶えるチャンスがあるということです。

しかし、自分自身の将来性や即戦力性は、自分一人では計り切れない要素ではないでしょうか。自分の経験・スキル・専門性にはどんな価値があり、どう評価されるのか。30代の転職市場を熟知した転職エージェントによる客観的なコンサルティングを受けることで、30代として今の自分を知ることができ、キャリアの後半戦となる40代・50代に向けて、「30代に何をすべきか」という“キャリアのTo Doリスト”も整理することができます。

また、30代においては、人ありきで新たな事業やチームが発足されるという動きも見られます。特に企業側の経営層と太いパイプを持った転職エージェントでは、企業の事業の動向まで掴み、新規事業のキーパーソンなど、求人案件として顕在化されていないポジションへ推薦するという後押しも受けられます。

こうしたサポートに強みを持つ「30代の転職市場に精通した転職エージェント」に、30代の採用ニーズや転職エージェントを活用するメリット、転職にあたって準備すべきことなどを紐解いてもらいました。

30代の転職において重要なこととは?
株式会社アールストーン/キャリアの分岐点だからこそ、30代は自分の“軸”を明確にする

株式会社アールストーン コンサルタント 佐野太郎(さの たろう)さん

マネジメント志向とスペシャリスト志向の二極化も見られる

30代の方は、経験・スキルの積み重ねによって「できること」が増えてきた一方で、「自分のやりたいことは何なのか」「今のままで自分や家族の将来は大丈夫なのか」といった現実も見え始め、現実と理想の狭間で揺れ悩む方が少なくないというのが私の実感です。

また、マネジメントの道に進むのか、あるいはスペシャリストとしてスキルを究めるのかというキャリアの分岐点に直面するのもこの年代です。特に当社が転職をサポートするIT・Web・ゲーム業界では、30歳あたりを境にマネジメント志向とスペシャリスト志向の二極化の傾向が顕著に見られます。

こうした狭間や分岐点に立つ30代の方々にとって、自分にできること、やりたいこと、自分や家族の将来、キャリアの方向性など、いわばその方にとっての“軸”を明確にすることが重要だと思っています。私はそのお手伝いができるように、皆さんの仕事観やスタンスなど意図するところをじっくりと丁寧にお伺いし、尊重したうえで一緒に“軸”の深堀をするサポートから始めています。

20代に比べ、30代はより深く精度の高い棚卸しと情報分析がカギに

企業側は、30代に対して即戦力を求め、「この人が加わることで会社にどうプラスになるか」という視点で選考に臨む傾向にあります。そのため、30代の方々が転職に臨むにあたっては、20代のような「自分はこうありたい」という希望だけではなく、「自身の経験・スキルの何をどう会社に生かせるか」「会社の収益にどう貢献できるのか」という視点でのアピールが重要なポイントになります。

その際、企業側の思惑や採用ニーズを熟知した転職エージェントを介すれば、これまでの経験・スキルの中でどこをどう掘り下げれば企業各社のニーズに響くのかを明確に整理でき、より深く精度の高い棚卸しができます。これは、個人だけでは難しいことだと思います。

また、転職に失敗しても取り返せる20代と違って、30代では「失敗して経歴に傷を付けたくない」「自分のスタイルに合った職場選びにこだわりたい」という思いをより強くされていると思います。その点においても、転職エージェントを活用した情報収集が解決の力になります。

例えば私は、企業側の事業責任者や現場レベルの方々からも密にヒアリングし、事業やサービス立ち上げの経緯、課題、チームの状況など、求人票だけでは得られない生々しい情報まで求職者の方々にお伝えすることを意識しています。さらに、必要に応じて職場見学や役員の方々との食事会、現場の方々との懇談会などもアレンジし、双方が理解を深めあえるようサポートすることも。

キャリアを逆算し、年代別の中長期計画を立ててみる

かなり先の将来のことですが、30代の頃から「自分がキャリアを締めくくるときにどうありたいのか」を一度じっくりと考えてみることをおすすめします。その自分の思い描く将来像から逆算し、50代、40代、そして30代にはどんなキャリアを描き、何を身に付けておけばいいのか、おおまかにでも10カ年・20カ年計画を立てることで、自身にとっての30代の方向性が見えやすくなるからです。

また、ご自身なりにキャリアの棚卸しを行う際には、現職の業務の引き継ぎ書を作ってみるのもよいと思います。同僚や後輩に引き継ぐためには、自分の担ってきた業務や役割を整理する必要があり、その過程で自分自身のキャリアや仕事のスタイルなどを振り返ることができるからです。それらを踏まえることで、新しい職場や仕事には何を求めたいのか、何をやりたいのかもより明確にしやすくなるはずです。

取材協力

株式会社アールストーン

株式会社アールストーン コンサルタント 佐野太郎(さの たろう)さん

IT・Web・ゲーム業界での転職支援に特化する当社において、エンジニアやクリエイティブ職、営業、マーケッターなどの職種に幅広く対応しています。求職者側と企業側の双方に対応することで、双方にとってギャップのない転職を支援しています。

株式会社アールストーンへの相談はこちら

30代の転職において重要なこととは?
株式会社グローバルリサーチ/企業の内側の実情まで、深く検討する重要さが高まる年代

株式会社グローバルリサーチ キャリアコンサルタント 森本理恵子(もりもと りえこ)さん

30代は「頑張り時」。どう過ごすかがその後を左右する

20代のうちは自分のやりたいことを模索できる時期だと言えますが、30代では自分の進む道を見定めることが大切になる年代です。先々のキャリアを考えても、20代での経験をふまえ、30代は専門性の研鑽や責任あるポジションに進んでいくフェーズであり、30代をどう過ごすかが40代・50代のキャリアにも如実に表れていきます。

また、私は30代の女性の方々からご相談をいただくことも多いのですが、女性にとっての30代は、結婚、出産、子育てというライフイベントも現実的になってきます。そのため、子育てとの両立支援、残業・休日・休暇の状況など、ワークライフバランスを意識した転職相談も多くいただきます。もちろん、男性も家族との暮らしを意識し、福利厚生や年収などの条件面にこだわりを持たれる傾向が見られます。

キャリア構築についても、暮らしの面についても、30代はいわば人生における「頑張り時」。だからこそ、20代に比べてより慎重に、現状と将来を考えた転職が必要になる年代だと言えます。

企業の経営に入り込んだ転職サポートがいっそう重要に

頑張り時だといっても、無理に背伸びをしてしまうと、入社後に自分のスキルと企業が求める活躍にギャップが生じ、疲弊ばかりが募るリスクに陥ってしまいかねません。そうした事態を避けるためにも、今の自分の経験・スキルにはどんな市場価値があるのか、転職エージェントの客観的な視点から自分を知り、外からでは分からない企業のニーズや状況を踏まえて転職先を見定めることが大切です。ワークライフバランスの点でも、転職エージェントはリアルな情報を掴んでいますので、不安要素をあらかじめ確認して払拭することができます。

また、転職エージェントは、Web等に公開された求人案件のみならず、非公開案件も多数保有し、面談の際に紹介することが可能です。特に当社のコンサルタント陣は企業側の経営層と直接のコネクションを有し、新規事業や新拠点立ち上げなどの際に、「ゆくゆくは企業の中心として活躍してくれる30代が欲しい」といった他ではみられない求人案件も独占的に入手し、ご紹介することができます。それゆえ、具体的な求人が顕在化していない企業にも、「この方を採用すれば会社の成長にとってプラスになる」と、私たちから求職者の方々を推薦することもできます。

30代はキャリアアップに踏み出すタイミングであり、企業側からも会社のコアとしての活躍に期待されるからこそ、こうした企業の経営にまで入り込んだ転職エージェントのサポートが大きな力になります。

「これは避けたい」の裏側に、30代は転職の方向性が見つかる

内定、入社後と、のちのちのミスマッチを防ぐためにも、ご自身の転職における「譲れないポイント」を考えるのも重要です。もし、それがまだ漠然としたものであるならば、「これは避けたい」という点をフラットに書き出してみるのも一つの手です。このネガティブにも見える作業、決して後ろ向きのものではなく、その裏返しにこそ、「社会人として、こうありたい」「この方向性でキャリアを進めたい」という思いがあるからです。

また、転職エージェントを複数社活用される方もいらっしゃいますが、安易にその数を増やし過ぎてしまうと、転職活動の進捗や個人情報の管理などが煩雑になりかねません。自身が目指すキャリアの方向性と転職エージェントの強みを吟味しながら、自分に合った、相性の良い転職エージェントを慎重に選ぶことがおすすめです。

取材協力

>株式会社グローバルリサーチ

株式会社グローバルリサーチ キャリアコンサルタント 森本理恵子(もりもと りえこ)さん

多くの業界・企業と太いパイプを持った、他の40名の当社コンサルタントとの協力体制を取りながら、転職エージェントとして20年近く、主に女性の転職のお力になりたいという思いで活動しています。私自身、出産、育児、夫の転勤などを経験しながらキャリアを築いてきました。この経験から、岐路に立つ30代の皆さんのキャリア構築をサポートします。

株式会社グローバルリサーチへの相談はこちら

30代の転職において重要なこととは?
株式会社インターワークス/固まり切っていない年代ゆえに、客観的な視点が重要

株式会社インターワークス エグゼクティブコンサルタント 小谷 新(こたに あらた)さん

スキルマッチングに留まらず、採用要件のすり合わせが可能

30代の転職市場では、確かに専門性やマネジメント力を問われる傾向が強まりますが、40代・50代と比べれば、30代はまだまだその人独自のスキル・知識が固定化しておらず、アウトプットとインプットが並走する年代だといえます。そのため、私たちが30代の転職を支援する際には、現状のスキル・経験のマッチングに留まるのではなく、できるだけ求職者・企業がお互いに要件を広げられるようにすり合わせています。

そうすることで、企業側も当初想定していた採用要件に合致した方ではなくても、入社後の将来性まで評価して採用に至るケースが多くあります。つまり、特定のポジションへの即戦力採用が中心の40代・50代と違って、30代の採用については、企業側もある程度柔軟なスタンスを引き出せるということです。

情報の質・量・スピードが格段に上がり、チャンスが広がる

こうしたすり合わせができるのは、転職エージェントを活用することで得られる大きなメリットです。しかも、ポテンシャル重視の20代と違って、30代になると新技術の開発、新サービスのマネージャー候補など、レアなポジションのオファーも増え、非公開の求人案件の割合も高まっていきます。

私たちは企業の採用決裁者と直接つながっていますので、単独での活動と比べて情報の質・量・スピードが格段に上がり、思いもよらない企業・ポジションへの転職チャンスを掴んでいただくことが可能です。私たちが得意とする大手企業・外資系企業の採用ニーズもいち早く共有でき、転職によって企業規模の拡大を叶えるチャンスも得られます。

転職の過程で起こり得ることを熟知していることも、転職エージェントの強みです。実は、30代の方々がよく悩まれるのは、今の会社を円満に退職できるかどうか。まさにこれから会社・事業のコアとしての活躍が期待される30代の方々を、今の会社も手放したくはないからです。そうした際にも、どのように退職の話を進めていけばよいのか、どう準備していくのかなど、私たちはこれまでの経験則をふまえたアドバイスを提供できます。

特別な準備は不要。転職する・しないの意思決定からサポート

当社にご相談いただく30代の方々は、転職の意思がまだ固まっていないことも少なくありません。私はそれでもいいと思っています。30代の転職市場の動向・傾向を知る私たちとお話しすることで、ご自身の転職市場における立ち位置を客観的に知ることができるからです。今の会社に留まることを選ぶか、あるいは転職に踏み出すかという選択にも、私たちは客観的な視点もふまえてアドバイスすることができます。ですから、私たちにご相談いただく際には、特別な準備は必要ありません。自分で最初からハードルを高くするのではなく、まずはフラットにご相談いただければと思っています。

転職エージェントを選ぶ際には、その転職エージェントが信頼のおける人物かどうかが重要な指針になると思います。30代の転職はキャリアの重要な岐路になり、そこを一緒に考えていくからには信頼関係がとても大切になるからです。ただ、表面上の情報だけで信頼を見極めるのは難しいので、転職エージェントを活用して転職を果たした周りの知人・友人に、おすすめのエージェントを教えてもらうのもよいでしょう。

取材協力

>株式会社インターワークス

株式会社インターワークス エグゼクティブコンサルタント 小谷 新(こたに あらた)さん

大手メーカーとの密接なパイプを有し、事務系・技術系ともに非公開のレアな案件をご紹介しています。私自身、信頼のおけるエージェントでありたいと考え、求職者の方々とは密度の濃いお付き合いをさせていただいています。

株式会社インターワークスへの相談はこちら

まとめ

企業側のニーズやキャリア構築に精通した転職エージェントを介することで、自分の現在地を客観的に掴み、40代・50代を見据えた転職の精度を高めることができます。転職エージェントの情報力やコネクションが、人生の分岐点における選択の後押しになるはずです。

【30代転職】30代の転職で「転職エージェント」を活用して成功させる方法:転職求人情報ならマイナビ転職エージェントサーチ