アナリスト・エコノミスト の求人・転職情報一覧

12 件中 1〜 12 件を表示しています。

現在1人が検討中

シンクタンク・マーケティング・調査

掲載開始日:2020.07.17 終了予定日:2020.08.20

職 種

大手監査法人勤務/賞与3回/正社員採用/年間休日120日/データ処理業務担当正社員

企業名
社名非公開
・複数路線が利用できる好立地(東京駅・有楽町駅・日比谷駅・二重橋前駅)
・日本最大級の会計事務所「4大監査法人」で、グローバルな環境に身を置き勤務が可能!
・監査法人でありますが、堅苦しいルール縛…
仕事内容
◆◇◆お願いしたいお仕事◆◇◆
データアナリティクス部門における、データ処理業務を担当いただきます
◆◇◆具体的な業務内容◆◇◆
・クライアントから入手したデータの集計、加工、クレンジング、可…
求める人材
【活かせる経験・スキル】
・SQLによるデータハンドリングの経験
・プログラミングに関する基礎的な理解
・周囲とのコミュニケーションが円滑に行える方
【歓迎条件】
・ACL、VB、SAS、…
給与
<月給制>
【月給】22万~
【想定年収】350万円~(…
勤務地
東京都千代田区丸の内(最寄駅:JR東京駅より徒歩3分/千代田…
この求人の担当転職エージェント
株式会社スタッフサービス
東京 人材紹介課
検討リストに保存
詳細を見る

求人管理No. 22-03581883

アナリスト・エコノミストの仕事について

金融業のプロフェッショナルとして市場を分析し、独自の視点から予測や解説を行うのがアナリスト・エコノミストの仕事です。各分野の専門知識を活かして分析活動を行うため証券アナリストや金融アナリスト、不動産エコノミストなど専門分野の名称を含めた肩書きで呼ばれるのが一般的です。非常に高度な知識を要求される仕事であり、並みの専門家には劣らないだけの分析能力が求められます。そのため新人がいきなりアナリスト・エコノミストを名乗って仕事をすることは少なく、金融業界や不動産業界などで長年働いた経験を生かして転身してきた転職組が大半です。一流のアナリスト・エコノミストになると発言が市場を動かすほどの影響力を持ち、その一言が多くの人の注目を集めます。

アナリスト・エコノミストの仕事のやりがいについて

実績と語学力を磨けば独立開業の道も

アナリスト・エコノミストに求められるのは高度な専門知識です。多くの場合は金融業界で働いた経験を生かしており、証券会社や銀行勤めから転職してくるケースが大半です。証券会社などに雇用されて活動するケースも多く、顧客に対する情報提供や分析結果の開示、データ作成などの仕事を担当します。ステップアップのためには業界団体が認定する各種アナリスト・エコノミスト関係の資格取得が近道ですが、資格はあくまでも参考程度であり、保有せずに活動している専門家も少なくありません。海外市場分析に役立つ語学力があるととても有利です。精度の高い分析を実績として重ねれば企業内でのキャリアアップにも繋がりますが、独立開業してフリーの立場で活動する道もあります。一流になれば新聞や経済雑誌からの依頼が殺到し、年収数千万円も夢ではありません。

求人・転職情報をその他の職種で探す

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

アナリスト・エコノミストの転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる