研究調査員・リサーチャー の求人・転職情報一覧

77 件中 1〜 50 件を表示しています。

環境・リサイクル

掲載開始日:2021.11.29 終了予定日:2021.12.26

職 種

業種未経験歓迎

<正社員>京都勤務/ライフサイエンスの技術コンサルティング/ライフワークバランス重視正社員

企業名
株式会社iSPポータル
▼ライフワークバランスを重視した働き方ができる職場です。ライフサイエンスのスキルを活かしませんか!
・転勤なし。京都で働きたい方必見!
・残業ほとんどなし。ライフイベントに合わせて時短勤務も相談可…
仕事内容
▼ライフワークバランス/転勤なし!技術コンサルティング業務
<事業好調による増員募集>
ライフサイエンス事業を推進する企業のパートナーとして、研究・ビジネスの両軸から課題解決、戦略立案、相談を行…
求める人材
◆細胞培養のご経験がある方(学生時代も可)
◆ライフサイエンス分野の専攻で修士卒以上の方
◆民間企業にて研究や開発の経験が2年以上ある方
(細胞などのライフサイエンスのテーマに関わっていた方優…
給与
<予定年収>400万円~600万円(残業手当含む)
※年俸…
勤務地
京都府京都市左京区田中門前町103-5 イ・パストゥール医学…
検討リストに保存
詳細を見る

求人管理No. 18290N

研究調査員・リサーチャーの仕事について

調査対象に関するデータを収集し分析や研究を行うのが研究調査員・リサーチャーの仕事です。調査対象によって仕事内容は異なりますがデータ収集、分析、研究、報告書の作成という流れは共通しています。調査対象は依頼によって異なり市場調査を専門とするマーケットリサーチ、不特定多数を対象に意見や考えを調査するモニターリサーチなどさまざまな調査が行われます。データ収集は調査対象に対する地道な調査とヒアリングが中心で、粘り強い調査を行える根気が求められます。依頼主はマーケティング活動を行う企業やデータをコンテンツ作りに活用したいテレビ局や出版社、市民の意見を活用した自治体などが中心です。調査能力のほかにもコミュニケーション能力やデータ分析力、書類作成能力が必要です。

研究調査員・リサーチャーの仕事のやりがいについて

調査結果を生かした企画立案で独立開業の道も

研究調査員・リサーチャーになるのに特別な資格は必要ありませんが、仕事は地道な作業が中心なので継続的な仕事を得意とする方に向いています。キャリアプランとしては研究調査員・リサーチャーとして勤め上げるか、転職、また独立開業する道があります。そうしたキャリアアップの成否は、調査業務だけでなく調査結果をどのように活用できるかがカギを握ります。依頼主の意向に沿って調査を行うだけでなくデータの活用法を提案できるようになれば、リサーチ業務にとどまらない企画業務へとキャリアを伸ばせます。研究調査やリサーチに強い企画会社を代表するくらいの実力を備えることができれば、大きなアドバンテージを手にすることができます。

求人・転職情報をその他の職種で探す

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

研究調査員・リサーチャーの転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる