アナログIC設計 の求人・転職情報一覧

36 件中 1〜 36 件を表示しています。

アナログIC設計の仕事について

電源系統や高周波系統などアナログ信号を扱う集積回路の設計を行うのがアナログIC設計の仕事です。アナログIC設計は集積回路の中でも基礎的な技術が必要となる分野で、高い技術と専門知識が求められます。現在電子機器に用いられる集積回路はデジタルICが主流ですが、アナログICの需要も少なくありません。人間とのインターフェースを図る際にどうしてもアナログ信号を扱わなければいけなくなるほか、産業機械分野でも需要がある一方、多くの技術者はデジタルIC設計を目指すためアナログIC設計をこなせる人材は少なく、優秀なアナログIC設計技術者は人材として高く評価されます。担当する業務は機能設計から回路設計、レイアウト設計までIC製造に必要な設計すべてに渡ります。

アナログIC設計の仕事のやりがいについて

経験工学的な要素も強いアナログIC設計、優秀な技術者は常に不足状態

アナログIC設計は、仕事の需要に比べて人材の供給低下が激しいため総合的にみると人手不足の状態です。例えば、アナログICはデジタルICに比べると素子の特性にばらつきがあるため個別状況に対応できる柔軟性が求められるなど経験工学的な要素が強いため、専門のエキスパートが担当するケースが多い状況です。従って、優秀なアナログIC設計技術者は特に数が少ないため、能力さえあればすぐに活躍の場が見つかります。キャリアプランとしては機械メーカーや回路設計専門企業に勤めて設計部門の責任者など企業内でキャリアップを目指すほか、後進の育成に力を注ぐのも大切な仕事です。自身の経験を生かしてアナログIC設計の本を書いたり、大学や専門学校で講義を行うという道もあります。高い技術さえあれば年齢を問わずに活躍できる仕事なので、定年後の再雇用も難しくありません。

求人・転職情報をその他の職種で探す

アナログIC設計の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

アナログIC設計の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

アナログIC設計の転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる