経営幹部(CEO・CFO・COO等) の求人・転職情報一覧

136 件中 1〜 50 件を表示しています。

サービス(その他)

掲載開始日:2020.11.30 終了予定日:2020.12.27

職 種

学歴不問

常勤監査役/ISO取得・運用代行事業で業界トップクラスのベンチャー企業@中之島正社員

企業名
社名非公開
業界では競合の追随を許さない成長スピードをもつ企業です。
2023年をベンチマークとしてIPOに向け新たなスタートを切りました。
あらゆることをこれから整備していく形になりますので、社内はもちろん…
仕事内容
常勤監査役として以下の業務に従事いただきます。
具体的には、
・取締役会、監査役会、株主総会への出席、対応
・監査方針・計画の策定
・監査業務全般
・監査報告書の作成
・取締役への助言…
求める人材
以下のいずれかのご経験をお持ちの方
・上場企業での監査経験者
・監査役の経験をお持ちの方(常勤監査役尚歓迎)
(歓迎要件)
・セルフスターターであること
・何事にも前向きに取り組み、チャレ…
給与
年収600万円〜1000万円
年俸制
月収 41.3万円…
勤務地
大阪市北区
(最寄駅:京阪 中之島)
検討リストに保存
詳細を見る

求人管理No. SK0056839

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の仕事について

経営幹部であるCEO・CFO・COOの仕事は、企業において最も重責のあるポジションです。CEOは「最高経営責任者」を指し、企業の経営方針や戦略立案・決定を行います。CFOは「最高財務責任者」と訳され、CEOが戦略を立てる前提となる財務戦略を立案するのが仕事です。COOは「最高執行責任者」のことで、CEOが策定した経営方針・戦略をもとに事業を運営するにあたっての業務の執行を担当します。いずれの職業も現状を分析する能力や目的を実現する能力、社員を統率し、ビジネスを成長に導くリーダシップが必要です。結果を強く求められる仕事でもあります。

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の仕事のやりがいについて

業績を上げれば人材としての需要も高まる

経営幹部であるCEO(最高経営責任者)・CFO(最高財務責任者)・COO(最高執行責任者)に就くためには、経営や財務戦略の実行に精通している必要があります。事業開発や経営・組織戦略、M&A、商品企画やマーケティングなどの経験、MBA(経営学修士号)や公認会計士・税理士などの資格取得、海外取引がある企業においては高い語学力、なによりそれら専門とする領域における高い実績が求められます。経営の中核にいなければできない経験や、取得の難しい資格が条件として並びますが、CEO・CFO・COOとして登用され、業績向上を主導した暁に好待遇を得て、また、業績が社会に周知されればヘッドハンティングなどを通じて更なるステップアップを図るなどのキャリアプランも可能です。

求人・転職情報をその他の職種で探す

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を業種でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

経営幹部(CEO・CFO・COO等)の転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる