官公庁 の求人・転職情報一覧

23 件中 1〜 23 件を表示しています。

現在1人が検討中

官公庁

掲載開始日:2021.04.28 終了予定日:2021.06.01

職 種

【特許審査支援専門技術者】【国内最大級の規模と実績の登録調査機関】【週休2日制】【契約社員】契約社員

企業名
社名非公開
自らの役割と責任を改めて認識し、「公正を重んずる精神」、 「迅速的確なる業務遂行」、「自ら進歩し変革する意思」、「知的財産立国への貢献」の四つの経営理念のもと、業務を着実に遂行し、 もって知的財産立国…
仕事内容
■特許審査に必要な先行技術調査及び特許出願書類への国際特許分類とFターム付与業務です。
(1) 先行技術調査業務
特許庁では、特許審査の迅速化のため、審査に必要な先行技術調査の一部を「工業所有権…
求める人材
下記専門分野のいずれかの参考特許内容が理解でき、また説明することができる
・機械部門
・化学部門
・電気部門
※希望を伺い参考特許を確認します。
■短大・高等専門学校卒以上の技術職(大学卒…
給与
■年収502万円
■1年毎の直接雇用契約に基づく「嘱託員」…
勤務地
東京都江東区木場
この求人の担当転職エージェント
株式会社シンホー
服部 元樹
検討リストに保存
詳細を見る

求人管理No. HAT_HAT_ks

官公庁業界の仕事について

官公庁は、中央省庁に属する1府12省庁(内閣府・総務省・法務省・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・防衛・警察庁)に所属する国家公務員と、地方公共団体や各都道府県の警察・学校などに所属する人々からなる地方公務員とで構成されており、人々の生活を支える民間では担えない公的な事業を行っています。国家公務員には、将来の幹部候補となる総合職、総合職をサポートする一般職、財務・労働・気象・海上保安などの専門知識を持つ専門職が設けられており、地方公務員は「知事・市町村長・議会の議員」などの特別職と、それ以外の職員を指す一般職とに分かれています。国家公務員になるには人事院が実施している採用試験に、地方公務員の一般職になるには各都道府県が実施している採用試験に合格する必要があります。

官公庁業界の仕事のやりがいについて

「公の利益」のためにさまざまなサービスを提供していく仕事

官公庁の仕事は、「公の利益」のためにさまざまなサービスを提供していく仕事です。国家公務員は、政策の企画・立案を行い、それを実際に施工・運用していきます。1つの省庁に入ったのちは、基本的にはその省庁内で異動することになりその省庁の主管領域を徹底的に突き詰めることができ、100年後にも残るような事業に携われるスケールの大きい仕事を手掛ける可能性もあることが魅力です。一方で、地方公務員は、3~5年毎に異動があり、1つの分野に限定されずにさまざまな職務を経験することができます。大規模な公共事業から、住民に直接笑顔や感謝をもらえる窓口の仕事まで、多彩な業務に携わることができます。なお、地方公務員の事務職は、17年務めると行政書士の資格を自動的に取得することもできます。予算や採算だけに目を向けるのではなく、社会や人々にとって本当に必要なものに関わり、創り出していくことができる大きなやりがいのある仕事です。

求人・転職情報をその他の業種で探す

官公庁の求人・転職情報を職種でさらに絞り込む

続きを見る 閉じる

官公庁の求人・転職情報を勤務地(エリア)でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を勤務地(都道府県)でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を雇用形態でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を年収でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を特徴でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を新着でさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報をこだわりでさらに絞り込む

官公庁の求人・転職情報を募集ポジションでさらに絞り込む

官公庁の転職情報:求人・転職情報はマイナビ転職エージェントサーチ

職種を指定する

閉じる