オキタ ユウヤ

沖田佑也

ユーザーが注目する転職エージェント

掲載求人数: 72

株式会社日本テレビ人材センター

営業・営業統括センター
男性 / 転職エージェント歴4年 / 芸術系大学卒業
  • 面接トレーニングに自信
  • レジュメ指導に自信
  • キャリアプランニングに自信
  • 面接同行あり
  • キャリアアップ事例公開中
転職エージェントの特徴
転職エージェントの特徴について
得意な職種
クリエイティブ / 営業 / 企画・経営 / 管理・事務
得意な業種
マスコミ・広告・デザイン
得意なエリア

関東

得意な企業タイプ
大手・上場企業 / 外資系企業 / ベンチャー企業
得意な求職者タイプ
第二新卒 / 未経験者 / 中高年 / ハイクラス
コンサルティングの強み
面接トレーニングに自信 / レジュメ指導に自信 / キャリアプランニングに自信
紹介スタイル
業界・職種に特化
サポート内容
面接同行あり

プロフィール

▼経歴

芸術大学の放送学科を卒業後、中堅芸能事務所へマネージャーとして入社。
結婚を機に働き方を変えようと、サイト運営会社へ転職。
趣味を活かせる、という理由での転職だったがマスコミに関わる仕事がしたいと、
3年勤続後に日本テレビ人材センターへ転職。現職へといたる。

▼PRポイント

私自身の経験を踏まえ、綿密なコミュニケーションを通じてベストな転職サポートを行います
マスコミ業界で仕事がしたくて芸術学部の放送学科へ入学したのですが、
番組をつくるより、つくる人をサポートしたいという思いがうっすらとありました。
ですから、私にとって新卒で入った芸能事務所でのマネージャー職は、
タレントを支えることができる、やりがいのある仕事でした。

しかし、結婚を機にサイト運営会社へ転職。
焦りから会社や仕事についてよく調べもせずに転職してしまい、
「マスコミ業界で働きたい」
という思いとは異なる方向へと向かってしまいました。
この経験が「私のように後悔をしてほしくない」というモチベーションになっています。

そこで私が求職者の皆さんに行っているのが、
転職を優位に進めるための細かな情報を提供すること。
求人情報から業界の最新動向、または世の中のトレンドなど、
その方に有益と思える情報を選別していち早く提供するよう心がけています。

マスコミ業界は、人と人とのつながりによって成り立っている社会。
業界内の情報はつながりによって得ることができます。
ですからまずは私とのつながりを築き、情報を得るところから始めてみませんか?

▼紹介実績

【テレビ業界】
◎ディレクター ◎編成 ◎スポット営業 ◎進行管理 ◎技術職 ◎マーチャンダイザー ◎経営企画 ◎放送監視
など

【広告業界】
◎広告営業 ◎Webディレクター ◎進行管理 ◎イベントプロデューサー
など

【映像制作業界】
◎プロデューサー ◎アシスタントプロデューサー ◎アシスタントディレクター ◎ライセンス営業 ◎広報・宣伝 ◎テロップ入力
など

【エンタテインメント業界】
◎タレントマネージャー ◎イベント企画 ◎コーディネーター
など

【その他】
◎OA事務 ◎WEBデザイナー ◎経理 ◎秘書 ◎データ入力
など

▼面談場所

東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留6階 関東圏外にお住まいの方とはSkype面談を実施しております。 お気軽にご相談下さい。    面談場所情報を見る

掲載求人データ

サポート実績

性別

年齢

決定
職種

決定
年収

担当求人を見る 面談を希望する

沖田 佑也

面談を希望する 担当求人を見る

沖田佑也(株式会社日本テレビ人材センター)さんの詳細情報:転職求人情報ならマイナビ転職エージェントサーチ

面談場所

閉じる
面談場所名
弊社会議室
所在地

〒105-0021
東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留6階 関東圏外にお住まいの方とはSkype面談を実施しております。 お気軽にご相談下さい。

アクセス
最寄駅:新橋または汐留 注)当社は日本テレビタワー内ではございません。汐留イタリア街エリアにございます。ご来社の際はお間違えないよう、よろしくお願いいたします!
営業日・受付時間
月~金 10時~18時 遅い時間のご対応も出来ます。ぜひご相談下さい。
担当者名
熊沢
電話番号
03-3222-3760

サポート事例:ブランク克服

閉じる
私が紹介する案件に絞った転職活動を希望してくださり、地方FM局から東京の広告代理店へ転職が決定

28 / 男性 / 大卒

職種
営業・企画営業(法人向け) ⇒ 営業・企画営業(法人向け)
業種
放送・映像・音響 ⇒ 広告
給与
400万円 ⇒ 400万円

かつて東京の放送局で働いていた方でしたが、諸事情で東海地方のFM局で働いていた方の事例です。
もう一度、東京でチャレンジしたいとテレビ電話での面談を申し込んでくださいました。

経験は十分ありましたが、東京での再チャレンジということで、慎重にお仕事を選んでいました。
この方からご提示された条件は正社員雇用、そして営業関連職であること。
条件に満たない案件は、たとえ内定を獲得しても、すべてお断りいたしました。

遠方にお住みということで、最初はテレビ電話でお話ししていましたが、電話やメールでもこまめに連絡をとるうちに、他の紹介会社でご紹介いただく案件はすべてお断りし、私のご紹介だけを受けるとお話しされました。
プレッシャーも感じましたが、それ以上に、その信頼に応えたいという気持ちが強くなりました。

結果的に広告代理店のメディア担当営業として内定を獲得。
転職先のメリット・デメリットを伝え、詳細な部分までご納得いただいた上で転職を決意していただきました。

その方とは時節の贈り物をいただくなど、今もいいお付き合いをさせていただいています。