キタゾノ ジュンイチ

北薗潤一

掲載求人数: 9

株式会社アイデム キャリアエージェント西日本

男性 / 転職エージェント歴6年 / 1976年10月02日生まれ / 龍谷大学社会学部卒業
  • 面接トレーニングに自信
  • レジュメ指導に自信
  • 経営層とのパイプに自信
  • キャリアプランニングに自信
  • 条件交渉に自信
  • 電話面談あり
  • 出張面談あり
  • 面接同行あり
  • 情報交換のみOK
  • 土日祝もOK
  • キャリアアップ事例公開中
転職エージェントの特徴
転職エージェントの特徴について
得意な職種
管理・事務 / 営業 / 販売・フード・アミューズメント / 医療・福祉 / コンサルタント・金融・不動産専門職
得意な業種
メーカー / 商社 / 流通・小売・フード
得意なエリア

関西 / 東海

得意な企業タイプ
大手・上場企業 / 地元企業
得意な求職者タイプ
第二新卒 / 未経験者
コンサルティングの強み
面接トレーニングに自信 / レジュメ指導に自信 / 経営層とのパイプに自信 / キャリアプランニングに自信 / 条件交渉に自信
紹介スタイル
幅広い業界・職種をカバー
サポート内容
電話面談あり / 出張面談あり / 面接同行あり / 情報交換のみOK / 土日祝もOK

プロフィール

▼経歴

2000年4月株式会社アイデム入社。
事業責任者として「Aidem Smart Agent」、2013年に「JOBRASS」をリリース。
2017年、転職キャリアアドバイザーとして西日本の転職領域事業責任者に着任。若年層のキャリアカウンセラーのほか、大学のキャリア講座や人事・採用担当者向け採用セミナーの講師、就活情報交換会の運営を務める。

▼PRポイント

「新卒入社した会社に理想と現実のギャップを感じているなら、次こそは後悔のないように」
学生の就職活動、企業の新卒採用に長く携わってきた経験で「はじめての転職」をサポート。
業種・職種にこだわらず、若年層(20代~30代前半)の求職者の皆様の就職活動をお手伝いする事を得意としております。

入社前のイメージと、入社してわかる現実。そして生まれるミスマッチ感が早期離職の理由となっています。
自分がやりたいことと、就職先で求められること。そのギャップが問題。
はじめて仕事に就く新卒入社であれば、失敗することもあるでしょう。
それでも入社前に正しい情報を把握・理解できていれば誤解は生じないはず。
次こそは後悔のないように、私が力になります。

ご相談いただければ、ご紹介できる求人案件について、入社後のメリットもデメリットも、きちんと情報提供し、
目指すキャリアパスと照らし合わせてアドバイスをいたします。
時に、転職ありきではなく、今の職場でもう少し頑張ろう、と伝えることもあります。

理想と現実に違和感を感じている…、そんな方も歓迎です!
一度お会いしてお話し、モヤモヤした気持ちをすっきり晴らしませんか?

▼面談場所

大阪府大阪市西区西本町1-13-43 アイデム西本町ビル   面談場所情報を見る

掲載求人データ

サポート実績

性別

年齢

決定
職種

決定
年収

担当求人を見る 面談を希望する

北薗 潤一

面談を希望する 担当求人を見る

北薗潤一(株式会社アイデム キャリアエージェント西日本)さんの詳細情報:転職求人情報ならマイナビ転職エージェントサーチ

面談場所

閉じる
面談場所名
株式会社アイデム 西日本事業本部
所在地

〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-13-43 アイデム西本町ビル

アクセス
御堂筋線、中央線、四つ橋線[本町駅]より徒歩5分
営業日・受付時間
電話受付:平日9:00~17:00 ※18:00以降や土曜日の面談も受付けておりますのでお気軽にご連絡ください
部署名
Career Agent 事務局
担当者名
紹介事業部担当
電話番号
0120-935-774
FAX番号
06-4390-4445

サポート事例:環境改善

閉じる
「ミスマッチ回避のノウハウを伝授。優先順位を納得いくまで確認してご紹介」

26 / 男性 / 大卒

職種
営業・企画営業(法人向け) ⇒ 営業・企画営業(法人向け)
業種
ソフトウェア・情報処理 ⇒ その他メーカー
給与
300万円 ⇒ 450万円

バックヤードでの業務を希望し、しばらくすれば携われると思っていたが現実は違った。それが転職を決意する理由となった求職者様。
ミスマッチ回避のために「自己分析」「企業研究の仕方」などのノウハウを伝授しながらアドバイス。仕事環境・業務に求める優先順位を納得いくまで確認して求人案件をご紹介。入社をコーディネートしました。
仕事選びは恋愛と同じ。私は求職者様に、いつもそう伝えています。「相手を思う。相手を知る。そして、どこまで歩み寄れるか。寄り添っていけるか」だと考えています。